町を見下ろす丘 / エレファントカシマシ * 2006 EMI

Man's World
エレファント

 巨匠、泉谷しげるにして「常に嫉妬させられるバンド」と言わしめたバンド、エレファントカシマシ。かつてのロックが持ってたスリルとか狂気と共にリアルなメッセージを伝えてくれる、嘘っぽさが少ない数少ないバンドです。特にVoの宮本浩次の常人やない目つきと絶叫型ヴォーカルは存在感抜群で、独特の世界観を伴って実に魅力的な世界を醸し出します。ここ数年の新しいロックは積極的に聴いてないだけで知らないだけかもしれませんが、何のスリルも無い無害のパッケージされた商品ばっかりやと感じます。でもこの人等に関してはサンボマスターと共に常に気になる数少ない現役ロックバンドです。今の消費者がうるさくなって規制だらけの製品ではなく、昔の安モンの菓子の如くワケのわからん原材料で作られたような危なくパワフルな音をメジャーから出し続ける貴重な存在やと思います。秀作の多いエレカシですが、東芝EMIからは最後のドロップとなった本作も劇的に素晴らしい作品でした。
 中身はパワフルなサウンドで痛快にかます「地元のダンナ」でスタート。高みを望んでは敗れるが日々色んなものと闘い続けるってな歌詞も最高で、説得力抜群の声で迫ります。“少年は夏休みの図書館で退屈の正体を早くも悟り~”という歌詞も強烈な「理想の朝」とエレカシ・ワールド全開で頭2曲で傑作を確信できます。切なく懐かしい感じのメロディが印象的な「すまねえ魂」の後は、配信限定シングルでもあった「シグナル」。スロウなテンポで哲学的な詞が冴えわたる感動的名曲です。パンクに爆裂する「今をかきならせ」なんかも強烈ですが、聴きものは後半の重たい流れ。けだるくまったりした中でジム・モリソンさえ彷彿させる「人生の午後に」、「雨の日に・・・」。さらに終盤は劇的ともいえる展開で、声高らかに歌い上げるサビが最高すぎる「流れ星のやうな人生」、痛々しくも哀愁たっぷりに歌いあげる「なぜだか、俺は祈ってゐた」は最後を飾るに相応しい力作。全編、シンプルなバンド・サウンドで余計な装飾が無いだけ実にリアルに訴えかけます。
「常に頼もしい顔つきの男、宮本浩次。TVの喋りを見ると意味不明ですが、本質は歌にあり」

シグナル


なぜだか、俺は祷ってゐた。



テーマ: おすすめ音楽♪ | ジャンル: 音楽

The Best Of Melody. ~Timeline~ / Melody. * 2008 TOY'S FACTORY | Home | Wednesday / 尾崎豊 * 2008 Sony

コメント

シンプルで、直球、なにものにも代えられない存在ですよね 最新アルバムも購入してるんですが、歌詞の中にあるものが常に伝わりますね。ほんまに装飾なし信じていいと思わせてくれる数少ないバンドです!

2008/11/29 (Sat) 19:03 | samyu #lWzWikrg | URL | 編集

★samyuさん
 この人等、声も歌詞もサウンドも最高です。
ず~っとこのクオリティを保ってるのはホント凄いですわ。マイペースでこのまま演ってほしいバンドです!

2008/12/01 (Mon) 22:59 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ