Do You Still Feel The Same Way / Tommie Young * 1973 Soul Power

Southern & Deep
41Z77QM5W6L__AA240_.jpg



脱力系なんかとは対極にある歌い込み系のDeep Soul。やっぱ声張って全身で歌ってるってのはエエもんです。こっちも一生懸命、聴いちゃいます。70年代ソウルにはゴスペルをルーツに持つ歌がホンマに上手い女性歌手が沢山いますが、このトミー・ヤングもそんな中の一人。明らかにエタ・ジェイムスやアレサの流れにある歌唱をする人で、テキサス出身のこの人もなかなかの聴きごたえです。そもそも興味を持ったのは数年前の唯一の彼女のアルバム再発時で、ヤング・ソウル・クラシック「Hit And Run Lover」とサザン・ソウルの名曲「That's How Strong My Love Is」を演ってるってことでした。70年代特有のグルーヴィー・ソウルもちらつかせながら、どっしりとディープなソウルをしっかり表現してるのが本作の価値をグッと高めてます。曲の中で時折みせる、気張った声での甲高塩辛シャウトがハートに突き刺さる魅力的な女性です。
 中身はアーシーなミディアム・スロウのタイトル曲「Do You Still Feel The Same Way」でスタート。余裕たっぷりにゴスペルチックな唱法で聴くものを魅了します。そして前半の聴きどころはシャッフル系ミディアムでサザン・ソウルの魅力を凝縮したような傑作「You Came Just In Time」、コーラスの効いたサビが実に素晴らしい「She Don't Have To See You」と続けざまにグレイトなサザン・ソウルが連投。思わず「よっしゃ~」と鼻が膨らみます。グルーヴィーでPopな「You Can Only Do Wrong So Long」なんかもトミーの溌剌とした歌唱が見事にマッチングで思わず腰が揺れます。やはり出来がいいのはスロウで、イントロのフェイクから震える「You Brought It All On Yourself」、キャンディ・ステイトンにも迫るゴスペル的歌唱が黒光りする名曲「That's How Strong My Love Is」あたりは耳を澄まして聴いてしまいます。こうやって聴き進むと異色にも聴こえる、ハニー・コーンなんかにも通じる雰囲気のフリー・ソウル風リズム・ナンバー「Hit And Run Lover」ですが、やっぱキャッチーでめちゃカッコよろしいです。同系統の「Everybody's Got A Little Devil In Their Soul」で本編は最後を締めますが、コレなんかも節回しは激ソウルフルで心地良さ満点。全編に関わったボビー・パターソンのプロデュースもお見事です。ボートラも5曲収録で中途半端に洗練されたアレンジの曲も入ってますが、デビュー曲ともなったパーシー・スレッジのカヴァー「Take Time To Know Him」なんかでの力のこもった歌い込みはやはり格別。
「なぜかコッテリ系のラーメンが食いたくなるディープ・ソウル。濃いダシのソウルは実に美味いです。」

Tommie Young - You Came Just In Time



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

ぼちぼちいこか ’08 フューチャリング 食いだおれ太郎 / 有山じゅんじと上田正樹 * 2008 fu-chi-ku-chi records | Home | Confessing / Various Artists * 2005 Grapevine

コメント

今日は!!

ezeeさんのブログ相変らず冴えとりますねぇ
トミー・ヤングの歌心に思わず拍手ですな!!
切ない女心を全身で歌うディープ歌唱に私
惹かれまくりです 今後とも宜しくです。

2008/11/20 (Thu) 11:45 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集

キャンディ・ステイトンという言葉を文中に発見したとき、おおっ!と触手が動きました(笑)
興味津々っす!

そして、パワーのありそうなVo&テキサスがさらに追い打ちです♪

探してみます!

2008/11/20 (Thu) 22:39 | リュウ #- | URL | 編集

★ナルダン珈琲店主さん
 まいどでございます。
60年代後半~70年代のサザン・ソウルはいいのん、多いっすね。機材とかも未成熟だったのが奏功してか、適度にアーシーな音がたまりまへん!そこに上手いシンガーの声が乗っかれば極上ですな~
またよろしゅうです。

2008/11/22 (Sat) 23:36 | ezee #- | URL | 編集

★リュウさん
 キャンディ・ステイトンは一発でノック・アウトされましたが、トミー・ヤングもじわじわ来るええシンガーです。このアルバムを仕掛けたボビー・パターソンも更に泥臭くていい歌い手ですねんわ!

2008/11/22 (Sat) 23:40 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ