The Long Road Home / John Fogerty ・ Creedence Clearwater Revival * 2005 Fantasy

Roots Rock
john fogerty y



 うっわ泥くさ~と思わず最初思ってしまったCCR。しかしそれはすぐに感動へと変わりました。兄が持ってたシングルで知ったバンドで、そこで聴いた「雨をみたかい」は何やかんや言ってもいまだに大好きな曲の一つです。中心メンバーでソングライティングからヴォーカルも務めたジョン・フォガティは、CCR解散後は苦悩だったらしく、所属レコード会社であったJazz系の名門ファンタジーとも揉めまくり一切CCR時代の曲は演らなかったそう。あ~何ともったいない。Geffenからポツポツとソロ作をだしつつも、この偉大なシンガーがあんまり露出が少なかったのはそんな事もあったからなんでしょうか。しかしながら時は過ぎ、ファンタジーとも和解して見事CCRのヒット曲と共に彼の偉大なアンソロジーがまとめあげられました。CCR曲もソロ曲も音圧アップ・リマスターの迫力増しでナカナカです。「Susie Q」なんかが入ってないと文句もありますが、市税有効活用の図書館無料レンタルなのでこれ以上ブーたれません。
 やはり68~72年CCR時代のトラックは珠玉の名曲集となってます。最大のヒット「Proud Mary」はアイク&ティナの爆裂ヴァージョンも良いですが、ほのぼのしたオリジナルはやはり素晴らしい大傑作。素朴な名曲「Have You Ever Seen The Rain?」も色々カヴァーもあれども何といってもジョンの声で聴くのが一番です。紛争が絶えない今こそ聴かれるべき「Who'll Stop The Rain」や、ジャグバンドやカントリー風味が最高な「Bad Moon Rising」、「Lookin' Out My Back Door」、「Lodi」、「Down On The Corner」あたりは真骨頂といえる傑作の嵐。思わずネルシャツにオーバーオールをはいてしまいたくなります。もちろんロックン・ロールも超強力で「Sweet Hitch-Hiker」、「Up Around The Bend」もカッコええですが、中でも最高なのは今再びライブではオープニングで歌われるという「Travelin' Band」。マジでリトル・リチャード顔負けの熱演です。他にもブルージーな「Born On The Bayou」、「Green River」も激渋な好曲で質の高さに改めて敬服。またソロではステイタス・クォーが演ったライヴ・エイドのオープニングであまりにも有名な「Rockin' All Over The World」や、80年代の復活作「Centerfield」なんかの重要曲もしっかり収録。「The Old Man Down The Road」なんかはCCRそのまんまで昔の録音と勘違いするくらい。'97年のカントリー・ロック傑作「Rumbunctious Boy」や、最近の「DeJa Vu」なんか聴いてもジョンの曲づくりが何ら衰えが無いことに嬉しくなります。ソロでの未発表ライブ音源も収録で、「Bootleg」、「Hey Tonight」、「Keep On Chooglin'」、「Fortunate Son」とCCR時代の曲がズラリ。何ら変わってないエネルギッシュなパフォーマンスに驚きます。
「何ちゅうてもジョンのこの声。泥臭いにも程があるっちゅーねんって言いたいほど最高です」

John Fogerty "Have You Ever Seen The Rain?"


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

The Hoople / Mott The Hoople * 1974 CBS | Home | The Best Of Bonnie Raitt on Capitol 1989-2003 * 2003 Capitol

コメント

CCRはやっぱアメリカンバンドですわ

「雨を見たかい」はほんま名曲ですね!!
泥臭いなかにもロックの真髄がこってり濃厚にはいっているので
やめらめません。
ソロ・アルバムありますがまだ聴いてないので
これを機会に聴いてみます(^^♪

2009/03/01 (Sun) 12:52 | まり #- | URL | 編集

★まりさん
 コノ人の声はアメリカの宝ですね~
「雨をみたかい」はほんまにアホほど聴きましたヨ。素材の良いものは塩コショウで充分っていう見本みたいな人ですね!

2009/03/02 (Mon) 00:37 | ezee #- | URL | 編集
ちょっとした思い出

CCR、イイですね~。
仕事でサン・フランシスコ近辺に居た頃に、ちょっとした仕事の関係で、現地の人のコルベットの助手席に乗っけてもらっていて、CCRが話題になりました。
サン・フランシスコの対岸、バークレイとオークランドに挟まれて、エメリービルという小さな、まあ、(少なくとも15年程前は)あまり治安の宜しくない町があります。その辺りを走っている時に、コルベットのドライバー曰く、「CCRって、エメリービル出身なんだよ、知ってた?」と。
西海岸人の南部音楽探求ですな。

2009/03/02 (Mon) 21:26 | Substitute #- | URL | 編集

★Substituteさん
 西海岸出身らしいっすね~ いかにも南部って感じですが、わからんもんですね~ まぁどこの出身であろうがエエ音出す人は関係なしに聴かせてくれますね! 素晴らしきおっさんですな。

2009/03/04 (Wed) 00:44 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ