Jeff Beck Group / Jeff Beck Group * 1972 Epic

Roots Rock
jeff beck group



 最も縁が無い場所と思ってた図書館という存在。イメージ的に学術書なんかの難しい本ばっか置いてある場所やと何年も思い込んでました。ココ数年、うちのバカ息子がドラえもんやら何やかんや借りてきてるのを見て「結構、何でもあんにゃ」くらい思ってましたが、最近行って腰抜かしたのが天神川にできた京都市の新図書館。今イベントで取り組んでいる源氏物語千年紀で分からんことあって関連本探すとそれだけで2~3百冊あったのもビックリの保有量でしたが、もっとビビったのがCDの量。しょうもないレンタル屋を軽く上回る膨大な品揃えです。しかもウータン・クラン、エミネムからザップ、ストレイ・キャッツ、ドゥービーBrosにクールス、アナーキー、桑名正博まで! しかも主要アーティストはほぼ全作ペースです。ひょっとしたらエロDVDまであるんちゃうかと思ったくらいです。“凄いぞ京都市!”と思わず叫びました。2枚しか借りれんのが痛いですが、これは通い続けるしかないっと決心です。興味はあれど買う優先順位の低い盤や、カセットなんかで持ってたのもこれで楽々i-tunes化ですわ。そんな事で、これから図書館無料レンタル盤が本サイトに続々登場です。まずはジェフ・ベックのアルバムで唯一、レコードで持ってたのが本作。全日本プロレスで海外レスラー紹介の時に印象的に流れてた「スターサイクル」が実にカッコよく、何か1枚と思ってた時に直感的に買ったのがコレでした。結果、当たりやんけ~!と思わせてくれたファンキーなロックで、私の耳も新境地開拓って感じでしたね。これもやっとマイi-pod登場です。
 中身はジェフ・ベックが最もソウルに接近していたと感じる黒っぽい音が目立ちます。なんといってもスティーヴ・クロッパーがプロデューサーってのも当時の嗜好を感じさせます。タイトなファンキー・サウンドが炸裂する「Glad All Over」あたりマックス・ミドルトンのピアノも冴え渡る本作の象徴的作品。このメンバーから派生して後にナイスなファンク・アルバムをだしたハミング・バードに通ずる粋なサウンドが満喫できます。ボブ・ディラン作品をサザン・ソウル化した「Tonight I'll Be Staying Here With You」もエエ感じです。そしてこのメンバーでの最高傑作と言えるのが、スタックスのマーキーズ出身ドン・ニックスの作品「Going Down」。ここでのスリリングなジェフの爆裂プレイは聴きものです。モータウン関連も、スプリームスやキキ・ディーが演ってた「I Can't Give Back The Love I Feel For You」、スティーヴィー・ワンダーの「I Got To Have A Song」と2曲収録。後者はソウルフルなボブ・テンチの歌が見事ハマります。最後は「Definitely Maybe」で後のソロ作みたいなインストで哀愁ギターを披露。
「それにしても何と存在感のある鋭角的なギター。音だけで自分を主張できる稀な人ですわ。」

Going Down


Tonight I'll Be Staying Here With You


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

The Singles Volume Two 1960-1963 / James Brown * 2007 Hip-O | Home | Money And Cigarettes / Eric Clapton * 1983 Warner Bros

コメント

Keith Richards - Goin' Down

キースも "Going Down" をやってますね。
http://jp.youtube.com/watch?v=Tx2D_WF0ZdU

昔,これが TV で放映されたとき,いっしょに見ていた Jeff Beck ファンのカミサンに鼻で笑われた・・・(^_^;)

2008/09/21 (Sun) 10:59 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集

“Going Down”は好きな曲です。
三大ギタリストのわりには恵まれていない感じですね。
ロッドともう一度組めばいいのにと、つい思ってしまいます。
一人でスターとしてサマになっているのはクラプトンぐらいですね♪

2008/09/21 (Sun) 15:46 | まり #- | URL | 編集

おぉっ!ちょうどこのCD聴いてたとこでした。
Voのボブ・テンチってめっちゃソウルフルでかっこいいのにほかでは聞かないですね。
僕がよく通っていたのは六地蔵の方の図書館ですがそっちはCDの品揃えはいまいちです。行ってみようかな、天神川。税金取り返しに。

2008/09/21 (Sun) 16:38 | goldenblue #- | URL | 編集

★Mr.Pitifulさん
 キース版Going Down、見てみました。
何ともいえんヘロヘロ感の中で、正に強引ダウンですな~
そのリンクでフレディ・キングも見ましたが、ぶっ飛び感はジェフ御大が一番やと感じました!

2008/09/22 (Mon) 01:43 | ezee #- | URL | 編集

★まりさん
 3大ギタリストって言われて、この2008年にまだこの3人で通じるのも凄いですが一番活動も地味なのがジェフですね。しかしロッドとのpeople get readyとか、ロカビリーアルバムとかたまにグッとくる録音を残してるのがたまりません。なんか気ままなオッサンってとこが良いっすね。

2008/09/22 (Mon) 01:49 | ezee #- | URL | 編集

★goldenblueさん
 おおっ、それはタイムリーでしたな~
ボブ・テンチ氏はhidekichiさんイチ押しで知った「ハミングバード」ってグループでも最高の歌を披露してます。
天神川図書館の品揃えは市税奪還に最適です。ラインナップに小躍りしますよ~

2008/09/22 (Mon) 01:52 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ