FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Glass Houses / Billy Joel * 1980 Columbia

glasshouses.jpg



えらい昔にチョコかココアか何かのCMで流れまくってた美スロウ「オネスティ」。心の琴線を刺激する美しいメロディに日本国民がシビれまくりでしたが、私が最初惹かれたのはロケンローラーとしてビリーでした。何げに家に置いてあった兄貴の友達の本作「グラス・ハウス」。ベストヒットUSAなんかでも見たビリーは皮ジャンにミラーサングラスでマイクスタンドを振りかざして歌う気取った兄ちゃんでした。ピアノ・マンの影は全くございませんで、ワルなイメージ重視の当時の私には「こらぁカッコええぞ」と一発で重要アーティストになりました。それからもジャジーなバラードにオールド・ソウル・スタイル、ロックンロールと器用にこなすビリーはチャートの常連だったので「ハートにファイア」(←原題忘れました。)くらいまで何やかんやチェックしてましたが、当時聴いたモノはしっかり頭に染みついてます。
 さてこのビリーの諸作の中でも実にロッキンなアルバム。ガラスに向かって石を投げんとするジャケも何となく反抗的で、ロックンロールなアルバムにピシャリです。シングル・ヒットしてた「You May Be Right」は1曲目を飾る本作を象徴したようなドライヴィン・ロックン・ロールで、ガラスが割れる効果音で始まるとこなんかもメチャかっこええです。また次にシングル・ヒットしたと記憶するエルヴィス・スタイルでの極めつけロカビリー曲「It's Still Rock And Roll To Me」も最高で、邦題「ロックン・ロールが最高さ」ってのもグレイトでした。間奏のリッチーのサックスといい、吐き捨てるようなビリーのワイルドなヴォーカルといいまぁとにかくカッコええ曲です。「オネスティ」のイメージからすると異色やったのかもしれませんが、これもビリーの持ってる本質やと思えるグレードの高さで、ちょっとカジった程度ではこんなにカッコよくロックン・ロールできません。さすがステージのリハではエルヴィスやらレイ・チャールズを演りまくりなだけあります。他もクオリティの高い曲がいっぱいでワイルドなビリー爆裂の「Sometimes A Fantasy」に、ピアノの連打が強烈な「All For Leyna」の他、ポップで聴きやすいビリーも楽しめます。これもシングルで家にあった「Don't Ask Me Why」など当時のアホ丸出しの私にはポール・マッカートニーとマジで区別できませんでしたがここらも実にエエ曲です。LPの時は完璧すぎるA面ばっか聴いてましたので、B面にあたる後半は印象が薄いのですが初期のコステロみたいな「I Don't Want To Be Alone」や、軽快なN.Y.ロックンロールてな趣きの「Sleeping With The Television On」あたりも今聴くとなかなかの佳曲でした。
「今では毛も薄くなって、オヤジ丸出しのビリー。80年代前半、ええ感じで尖がってました。」

You May Be Right


It's Still Rock and Roll To Me


Comments 6

goldenblue

いやぁ、80年代ネタが続きますね。同世代なので僕もビリー・ジョエルはまずこのアルバムです。
今思えば、あの時代にオールド・スタイルの“It's Still Rock And Roll To Me”をはじめ、あぁいった楽曲をやるのはかなりの挑戦だったのだろうなぁ、と思います。ハードロックやディスコが幅を利かしていたあの時代、まして自身はシンガーソングライターとしてブレイクしたのに。「みんなは新しいサウンドのことに夢中だけど、俺は未だにロックンロールなのさ。」みたいな歌詞、かなり意味深だったのだなぁ、と。中坊だった僕らにとってはROCK'N'ROLLは始まったばっかりだったから気にもしなかったけど。

2008-10-21 (Tue) 00:47 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

私がリアルタイムでビリー・ジョエルを聴いたのは、ロンゲストタイムの頃でした。もうちょっと前からかもしれませんが(^^;)。
当時、中学生で、英語の先生にビートルズやビリー・ジョエルなどの歌を授業やクラブで教えてもらって、よくみんなで歌っていました(^^)!

2008-10-21 (Tue) 20:37 | EDIT | REPLY |   

ezee

★goldenblueさん
 この頃、すでにビッグな存在だったビリー。そのビリーがロックンロールで勝負をかけたってのは凄かったと思います。しかもソレが支持されたってのも痛快です。
なんやかんやゆうてもロッックンロールでっせ!と言ってくれたビリーはやはり偉い人です!

2008-10-22 (Wed) 01:00 | EDIT | REPLY |   

ezee

★波野井露楠さん
 学校でビリー・ジョエルって、エエ学校ですね~
イノセント・マンもコレとおんなじくらいナイスなアルバムで、よく聴きましたヨ!

2008-10-22 (Wed) 01:03 | EDIT | REPLY |   

Nob

言われてみれば・・・

ポール・マッカトーニーと昔のビリーは似てるかも。
ちょっとタレ目のところかな(汗)
確かにビリーはいろんなタイプの曲を歌いますよね。
私はジャズ風な曲が好き。
「ザンジバル」とか♪

2008-10-23 (Thu) 17:40 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Nobさん
 マジで区別できなかったポール&ビリー。若い時は、顔も似てたと思います!
しかしエエ歌、多い人です。「アレンタウン」、「素顔のままで」、「さよならハリウッド」・・キリがないくらいっすね~

2008-10-24 (Fri) 00:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply