The Beatnuts / The Beatnuts * 1994 Relativity

East Coast
088561117924.jpg

プロデュースチームとして既に第一線に君臨していたビートナッツが自らの名義で初めてドロップしたフルアルバム。(EPを入れると2枚目)ピート・ロックと比較されるように卓越したセンス溢れるJAZZサンプリング主体の東海岸発HIP HOPユニットです。メンバーのサイコ・レスが「バカどもがダサいラップで俺達のビートを台無しにしやがる」というだけあって、自らパフォーマンスする本作では音作りからラップまでマジで完璧です。ハードコア系なのでラップしてる事はセルフ・ブースト(自画自賛)や女・金・暴力・麻薬が中心です。男らしさを強調しすぎで田嶋陽子が激怒するような女性蔑視もいっぱいです。「ワル」であることがHipHopの重要な要素でもありますので目くじら立てて怒ってはいけません。ひとつのスタイルですので流しましょう。
  さて初のフル・アルバムながら3人組最後の本作。ハンク・モブレーのジャケを流用してるのも、ブルー・ノート好きのメンバーを象徴してます。各トラック、非の打ち所の無い素晴らしさなのですが、これを最後に独立したFashionの勢いあるラップが光ります。特にシングル曲でドナルド・バードを最高の形で料理した「Props Over Here」はウッドベースのループからしてシビれまくり。「Hit Me With That」など最高のFunkとしか言いようが無いです! スクラッチもイカした「Hellraiser」、ウータンのODB声サンプリングの「Straight Jacket」、スリル満点のブレイクチェンジの「2-3 Break」など、鳥肌モンがビシバシ収録。メロウ系でもMonty Alexanderの"Love And Happiness"の気持ちエエ部分をこれ以上ない形でチョップしてくれた「Let Off A Couple」と、賞賛に値するビートを構築。HipHop批判のバッツ牧師をボロカスにこき下ろす日本盤ボーナス「Dawn Of The Dead」も痛快です。
「さすがNYスパニッシュ軍団、恐ろしいほどの充実度。カニエファンも必聴です!」
Props Over Here


Beatnuts - Hit Me With That


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Fuego / Donald Byrd * 1959 Blue Note | Home | Voodoo Soul / Various Artists * 2001 Metro

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

BEATNUTS来日!「あの」ビートナッツがやってくる!今回の来日では、渋谷にあるShibuya NUTSで12/1(thu)と12/2(fri)の二日にわたり出演する。(ちなみにライブは1日の模様)。今やアンダーグ

2005.11.16 (Wed) 22:45 | HIPHOP JUNKIES ヒップホップ中毒者の為のBLOGGIN'
このページのトップへ