FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Back To Black / Amy Winehouse * 2006 Island

amy winehouse



 人間、見た目で判断したらあきません。最初、評判を呼んだ時も、ピアスにタトゥー入れまくりで安もんのB級パンクの姐ちゃんかと思いました。暫くしてゴーストフェイスキラーのMore Fishに収録された彼女の声を聴いて一気に気になる存在に。あれよあれよと言ってる間にグラミー・アーティストとまでなったエイミー嬢でございます。その大ブレイクとなった2ndですが彼女のビリー・ホリデーやダイナ・ワシントンなどのJazzyなルーツと、60年代アーリーソウル趣味が見事にブレンドされた大傑作であることは、もはや言わずもがな。本アルバムでエイミー嬢の歌唱と同等に凄いのは全体の音作りです。ベイビー・ワシントンやアーマ・トーマスの初期アーリーソウルの音や、'60s Motownのあのサウンドの雰囲気をHipに再現。エイミー嬢のブルージーな資質を活かしつつ、フージーズやナズ等を手掛けたサラーム・レミや、メイシー・グレイ等を手掛けたマーク・ロンソンが今の空気を吸った最高のヴィンテージ・ソウルに見事仕上げてます。ロンドン出身のエイミー嬢ですが二人のアメリカHip Hop、R&Bプロデューサーによって、アメリカン・ルーツ・ミュージックを今に見事昇華させてくれてます。
 中身はヒット曲「Rehab」でスタート。実体験でのアル中のリハビリで、「施設に入るくらいならレイ・チャールズやダニー・ハザウェイを聴いた方がマシ」と言ってのける歌詞が痛快です。続く「You Know I'm No Good」は前述のゴーストフェイスも取り上げた曲で、ウータン好みのザラついたサウンドに乗っかるジャジーなエイミー嬢が渋すぎです。次の「Me & Mr Jones」もゆったりスウィングするビッグ・バンドにエラ・フィツジェラルドの如く絡むエイミー嬢がカッコよすぎる好曲。中盤からはアーリー・ソウル・スタイル満開です。実はあのアイシャドーもロネッツ好きからきてるそうで、そのガール・グループ好きも伺える「Back To Back」、モロ60'sソウルを想起させる切なさがたまらん「Love Is Losing Game」、マーヴィン&タミーのクラシック「Ain't No Mountain~」の改作「Tears Dry On Their Own」、必殺のハチロク・バラード「Wake Up Alone」と実にシビれる流れ。元々の本編最後の「He Can Only Hold Her」もインプレッションズ風シカゴ・サウンドで素晴らしいですが、次からのボートラも無視できない傑作の嵐。フォートップス風ビートがエエ感じの「Addicted」、ウッドベースが肝の極めてHip Hop的な「Close To Front」、スカ・ビートにも豪快に乗る「Monkey Man」に相性抜群のGhostface Killer参戦版「You Know I'm No Good」とグレイトとしか言いようの無いトラックの連打です。今なら絶対ボートラ入りがお薦めです。
「ローリン・ヒルあたりに演って欲しかったスタイルをU.K.からブチかましたエイミー嬢。スランプ無しでドンドン頼んまっせ!」

Rehab


You Know I'm No Good


Comments 4

リュウ

エイミーさん、引っ越した暁にはゲットしようと思ってます。今更ですが(笑)勿論、声もお気に入りですが、何と言ってもサウンドがたまりません♪

2008-06-01 (Sun) 17:31 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 引っ越しでっか~ そりゃ大変ですね。エイミー嬢は破滅型タイプの人みたいですが純粋すぎるからこそ、そうなったっていうのは一聴瞭然です。そういう人こそ、誰にもできん音楽を演るんですなぁ ホンマ愛すべき人です。

2008-06-02 (Mon) 01:14 | EDIT | REPLY |   

Booty☆KETSU oh! ダンス

こちらのブログで

今更ながら存在を知り、お陰様でハマってしまいました…なのに…既に故人なんですな…何だかリアルな熱狂を逃したような気分でございます…

2015-06-02 (Tue) 18:13 | EDIT | REPLY |   

ezee

No title

★Booty☆KETSU oh! ダンスさん
 生き方が破天荒で60年代のような人でした。
貴重な存在やったんですけどね〜 若いのに残念です。

2015-06-02 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply