BOLERO / Mr.Children * 1997 Toys Factory

J's Mainstream
Borelo.jpg

 仕事場のみんなでスキーや海やって遠出するとき車中必ず「コレかけて~」とくるのがミスチルでございます。人の車に乗るのにわざわざMy CDを持ってきて道中で曲解説してくれる人や、勝手に思いを語りながら興奮して泣きモードに入る人などもいて、熱狂的ファンが多いことを身近で実感するバンドです。実は最初、「innocent world」やら流行った時もピンとこなくて、そんなに聴くことは無かったのですが、何やかんやとやたら聴く機会が多く自然に好きになったバンドです。曲もキャッチーなのから重たいのまで総じて高水準ですが、何といっても桜井氏の絞り出すようなVoスタイルと詞の素晴らしさ。また歌メロの乗せ方も画期的ともいえる洋楽的なもので実にカッコよろしいです。そんなミスチルが単なるJ-Popやないぞって思い始めたのが「es」やら「花」なんか重たい曲を演りだした頃。個人的には桜井氏が苦悩に満ちたときに出た心の叫び的名曲が好きで人生の奥深さを感じる歌詞も最高です。ちょうど90年代後半、離婚問題で揺れ動いていたり、音楽的にも活動停止期間に入ったり色々迷いもあったようですが、実に人間臭いロックが展開されています。
 アルバムはベスト盤の如く有名曲満載ですが、冒頭に配置された「Everything (It's You)」も当時の大ヒット。重苦しい歌詞ながら感動的な構成は耳を釘付けにする名曲で、絶叫型ヴォーカルも胸を打ちます。余談ですが、我が盟友にも苦難な状況下になればなるほど名曲を量産する奴がいますが、桜井氏もその傾向があるのかと思わせる素晴らしい曲です。続く「タイムマシーンに乗って」、「Blandnew my lover」は尖がった桜井氏が満喫できる過激なナンバーで、今までのファンを突き放すような男臭いミスチルがたまりません。そして鬼気迫る歌唱もシビれる大傑作スロウ「es ~theme of es~」です。これも本アルバムのハイライトと言っていい名作で、ストリングスも効果的に曲を盛り上げます。またシングルであったアップ曲「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」もエルヴィス・コステロへのオマージュでは史上最高といえるこれまた傑作。圧倒的なクオリティで脱帽です。アトラクションズ期のコステロを最高の形で昇華させた曲調は見事というしかありません。後半も社会批判的な「傘の下の君に告ぐ」、葛藤を感じさせる「幸せのカテゴリー」、それまでのイメージを覆す過激な一面を見せたヒット曲「everybody goes」とキャッチーな展開で疾走。最後は特大ヒットでありドラマ「若者のすべて」の主題歌でもあった「Tomorrow never Knows」の生ドラムヴァージョンで締め。優しい顔して平和な恋を歌う桜井氏よりも、危ない目をして尖がったオーラが出ていたこの頃のミスチルも実に魅力的です。やはり荒んだときの桜井氏はたまりません。
「時に哲学的とも思えるその歌詞は絶品。売れるには理由があると感じた名曲集。」

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

The First 10 Years / Elvis Costello * 2007 Universal Hip-O | Home | タイニイ・バブルス / サザンオールスターズ * 1980 Victor

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ