Otis Blue / Otis Redding * 1965 Volt

Atlantic, Stax
Otis Blue



 Mr.Pitifulことオーティス・レディングの名作がデラックス・リマスター版となって再発されました。3枚目となる本作は、あちこちで名盤やと言われてる有名作ですが、正直オーティスっていえば2rd~4thあたりまでどれも甲乙つけ難い名作オンパレードでどれも必聴の傑作揃い踏みでどれ買っても外れ無しと断言できます。でも一番の有名曲収録となるとやはり本作。以前から代表作リズム・ナンバー「Respect」などオムニバス盤とLPと歌い方が違うのがあるなぁと思ってましたが、この再発で疑問解消です。本作からメンフィスのインディ・スタックスにも技術革新の波が押し寄せステレオ録音が導入されることとなり、曲によってはモノ(シングル)&ステレオの2ヴァージョンが録られたってことでした。しょーもない事かも知れませんがエエ曲ほど色んなテイクを聴きたいって思うのがファン心理でございまして、晴れて本作関連の曲がライブ含め集大成となって発売され思わず万歳三唱です。細かいことは抜きにしても、驚くべきはこの貫禄充分の歌声が収録されたのが24歳であったってこと。もうベテランのオーラでガッタガッタ迫る様は圧巻です。
 本編は名作の嵐ですがオーティスのアルバムでいっつもヤラれるのは、1曲目にメガトン級の激名スロウが配置されてることです。ここでは必殺の「Ole Man Trouble」がどーんっと鎮座。その後、派手に「Respect」が登場する仕組み。何回聴いてもシビれる展開ですが、素朴で力強いブッカーT&The MG'sの演奏も実によくマッチしてます。いらんことせえへんバッキングの見本みたいな伴奏で、素晴らしく歌を引き立ててます。そして本作用に用意されたオリジナルではサザンソウルの金字塔的バラード「I've Been Loving You Too Long」も収録と本作の価値をグッと高めます。また毎回登場するカヴァーでは敬愛するサム・クックで「Change Gonna Come」、「Shake」、「Wonderful World」、テンプスの「My Girl」、ソロモン・バークの「Down In The Valley」、ストーンズの「Satisfacion」、そしてスタックスの先輩ウィリアム・ベルの「You Don't Miss Your Water」とどれもオーティスのオリジナルとして聴ける独自の解釈でオリジナル比較して云々する必要まったくなしの素晴らしさ。ちょっと異色ですがB.B. Kingのブルース「Rock Me Baby」もありますがアルバム中は良いアクセントになってます。全曲アル・ジャクソンのタイトなドラムを軸にソウルかくあるべしみたいな名演が津波のように押し寄せます。通常版でも充分、楽しめますがDX版ではテイク違い含むモノ&ステレオ全曲収録に加え、ライブアルバム「Whisky A Go Go」と「Live In Europe」の本作収録曲や本作同時期セッションの「I'm Depending On You」、「Any Ole Way」、1967年版超高速「Respect」収録など凝りまくりの内容。独特の譜割りと声質で新境地を開いたオーティスの凄さが堪能できます。
「凡庸の歌手と格の違いをまざまざと見せつける、ビッグO。太く短く生きた男の生き様がココにあり」
Respect


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Soul The Hits / The Ikettes * 1965 Modern | Home | Stax Of Funk. / Various Artists * 2000 BGP

コメント

中途半端・・・(^_^;)

ウ~ン・・・(^_^;)
この Collector's Edition については,正直,中途半端で物足りない感じが強いです。

贅沢を言えばキリが無いけれども,今聴くと不自然極まりない,ボーカルと各楽器を左右に振り分けただけという Original Stereo Mix をいったん分解して,リミックスしたものを聴いてみたかった。
Tom Dowd が生きていたならそれに越したことはないのだが,ABKCO でストーンズや Sam Cooke の SACD[Hybrid] 盤を担当している Steve Rosenthal あたりに任せれば,かなり満足できる仕事をしてくれたのではないか ?

それにしても,Previously unissued が Mono Mix of Stereo Album Version だけとは・・・(^_^;)

2008/04/28 (Mon) 21:28 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集

ezeeさん、こんにちは♪

このジャケ見て、最初「ジョニ・ミッチェル?」って
思ってしまった(苦笑)
内容的に聞いてみたいなぁと思いました。
最近、ぐんっとくるのに出会えてない気がします。

2008/04/29 (Tue) 15:47 | samyu #dNm2mw72 | URL | 編集

★Mr.Pitifulさん
 おっしゃるとおりステレオMIXは違和感ある定位で、迫力あるmono版を聴くとしょぼく感じますなぁ
未発表は少なかったけど、こういう形で出たことが何よりも嬉しいです。アル・グリーンあたりもデラックス仕様で「Let's Stay~」なんか出ませんかね

2008/04/30 (Wed) 01:12 | ezee #- | URL | 編集

★samyuさん
 60年代までのソウルとか黒人のレコードとかって、白人にも売るがために結構ジャケに本人が露出してなかったり意味不明のイメージカットになってたりってのが多いんすよね。でもアートとして優れたのも多いし好きなんですけど。
でもジョニ・ミッチェルに見えたとは! 発見ですわ~

2008/04/30 (Wed) 01:18 | ezee #- | URL | 編集

こんばんは。
スロウもファーストも天才としか言い様が無いですね。
どうして、古い黒音のジャケにこうゆうのが多いのかと、不思議に思っていたのですが、そういう事だったのですか。
ジャケ、Dusty Springfieldに1票。

2008/05/01 (Thu) 23:31 | Substitute #- | URL | 編集

★Substituteさん
 二十歳そこそこにして、このおっさんオーラは半端やないです。貫録だけで聴かせてくます。しかし次のアルバムもそうですけどスロウは特にオーティスにしか出せん味が出ていてたまらんです。
ジャケは言われるとダスティ・スプリングフィールドにも見えますなぁ
出門英の相方、ロザンヌにも見えたりなんかして。

2008/05/02 (Fri) 00:29 | ezee #- | URL | 編集
いい天気ですなぁ

おはよーございます。ezeeさん♪今からezeeさんのお庭にいってきます(笑)オーティスは美人な黒人女性のジャケのLPがありました。「ヨーロッパのオーティス」でようやくかっこいいオーティスがジャケに登場ですね。オーティスを聴く押切もえもいてるかもしれません。ブルースデビューしたNacomiさんは、可愛い女性でした♪

2008/05/04 (Sun) 08:12 | まり #- | URL | 編集

★まりさん
 おお~京都に・・!
しかし今日は暑かったっすね。京都に熱き風を送りこんどったんは、まりさんやったんすな~。まいりました。
私も一日、外にいましたが日暮れには思わず近所の友人宅でビール何杯も飲んじゃいましたよ。 やっぱタダ酒は美味い!

2008/05/05 (Mon) 02:10 | ezee #- | URL | 編集
デジタルリマスター

あんまりデジタルリマスターには興味無いのですが、Otisに関して言えばオリジナル版で十分かなあ?

別バージョンって言うなら絶対聞きたいけどねえ...

このアルバムは名盤との定評がありますね。わたしも大好きです!

2008/05/10 (Sat) 00:47 | hidekichi #- | URL | 編集

★hidekichiさん
 BOXまで持ってましたので別に目新しいって曲は皆無なんですが、ついつい買っちゃうんですね~
デラックスっていう仕様にめっぽう弱い私。Rhinoの思惑通りに購入です。でもやっぱモノ仕様の1枚目が最高でした!

2008/05/12 (Mon) 00:01 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ