FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

The Animals / The Animals *1964 EMI

animals.jpg
     

 
 最初に聴いたとき、あまりの衝撃に頭がクラクラした人達。無論、存在感抜群の圧倒的なスタイルで威圧するエリック・バードンのVoにまずやられましたが、アラン・プライスの奏でる絶妙のオルガン中心の鍵盤の響きにも一気に魅了されます。TVで観た「朝日のあたる家」のブルージーでカッコ良さ満開のバードンの叫びは鳥肌モンで、同時に目つきのふてぶてしさにも惹かれまくりでした。当時、アホみたいにシングルを買っていた兄貴は当然コレも購入。カップリングの「Boom Boom」も即気に入り、聴かなあかんグループリストにすんなり仲間入り。ストーンズの初期なんかと同様、その勢いと同居する黒っぽさに大人の魅力を感じたもんです。そのアクの強いVoは何とも個性的でスティーヴ・ウィンウッド擁するスペンサー・デイヴィス・グループ、ヴァン・モリソンのゼムと共にUK発のR&Bグループでも一際輝いた存在です。当時のグループでも、カフェで流れても違和感の無いポール・マッカートニー辺りの声と違い、珉珉の餃子くらいに強烈なその音は一度聴いたら忘れられないもんです。日本でも上田正樹やもんたよしのり等、リスペクトする人が多いバードンですがポップな路線からは違った渋さ満開のそのサウンドは男気のある人ならまず惚れ込む筈です。
 さてこの記念すべき1st。敬愛する米国R&Bのカヴァーが殆どの真っ黒け盤ですが、数年前に出たヒットシングルなんかを追加した得用盤は初期の魅力を凝縮していて最高です。1発目から「The Story Of Bo Diddley」で語り中心の渋いバードンのVoがボ・ビートにのってグイグイ迫ります。チャック・ベリーの「Around And Around」、「Memphis Tennessee」やラリー・ウィリアムズの「She Said Yeah」などストーンズとカヴァーの趣味も似てますがエレピを中心に据えたアレンジで、より鋭角的に迫ります。バンド名同様、荒々しく迫るリトル・リチャード「Girl Can't Help It」にファッツ・ドミノ「I've Been Around」、「I'm In Love Again」とニューオリンズ産もしっかり消化。お得意のジョン・リー・フッカーは3曲も取り上げ「Dimples」、「I'm Mad Again」とブルース色も濃いですが、中でも「Boom Boom」はバードンの図太いVoもハマリまくりの絶品で興奮間違いなしです。しかしこんなブルージーで激渋な演奏を聴いてると映像で見る女の子キャーキャーの図は、ちょっと信じられません。勢いというのは凄いもんです。でも追加収録のシングル曲はそれなりにキャッチーで納得です。ポップさとワイルドさが同居したデビューシングル「Baby, Let Me Take You Home」、代名詞となるモンスターヒットであるブルージーな傑作「House Of The Rising Sun」、乱暴にドライヴする「F-E-E-L」、そして本編収録の「The Right Time」も素晴らしいレイ・チャールズカヴァーで後半はアイズレーズのシャウトへなだれ込む展開が素晴らしい「Talkin' 'Bout You」など耳釘付け状態の名演がバンバン収録。
「女の子ウケなど考えなかったであろう渋さ満開の潔さが最高です。ほんま男の中の男ですわ」

House of the Rising Sun


Baby Let Me Take You Home


Comments 12

リュウ

アニマルズはサイコーです!ターンテーブルに乗らない週はありません(笑)ある意味ストーンズよりマニアックなドス黒さ、アクの強さは病み付きになります!だってジョンリーをカバーしてるんですから(笑)そしてオルガンがっ!

2008-03-31 (Mon) 05:31 | EDIT | REPLY |   

Substitute

こんばんは。ツボにハマリすぎですぜ、アニキ。
初期のAnimalsって、ホントに黒いっす。
Burdon、Morrison、Winwood、60年代の3大UK黒Vo.のご意見に1票!

2008-03-31 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

エリック・バードンもアラン・プライスも最高です!
このアルバム、私もお気に入りです!
しかし、ヤードバーズのジャケとよく似ているのが謎です(^^;)。

2008-04-01 (Tue) 22:39 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 オルガン、効いてますよね。そしてバードンの黒さは格別です。なんか、何歌っても激渋になっちゃうアクの強さがたまらんすなぁ

2008-04-02 (Wed) 00:14 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Substituteさん
 この辺のR&B影響下のグループって素晴らしい逸材ウヨウヨで凄い時代っすな。黒人のホンマもんとはまた違った良さがありますよね。自信満々のバードンの顔つきが好きです。

2008-04-02 (Wed) 00:22 | EDIT | REPLY |   

ezee

★波野井先生
 コレ、ヤードバーズのFive Liveとおんなじ場所のフォトセッションですかね~ しかし両者ともに甲乙つけ難いエエ作品ですな~

2008-04-02 (Wed) 00:29 | EDIT | REPLY |   

goldenblue

アニマルズ!これ書くの忘れてましたわ。僕も最初は「悲しき願い」の懐メロバンドだと思っていたのですが、なんかのビデオで見たエリック・バードンの黒っぽさと目つきの悪さにやられました!ミック・ジャガーがかわいく見えたもの。まさに男の中の男。ですな。後年にエリックがアニマルズの代表曲をセルフ・カバーしたアルバムもハードでかっこよかったですよ!

2008-04-02 (Wed) 00:54 | EDIT | REPLY |   

ezee

★goldenblueさん
 セルフカヴァーのアルバムなんかあったんすか。知りまへんでした。聴いてみたいっすね~
しかしバードンのこの悪人顔。ええ味だしてまんなぁ

2008-04-02 (Wed) 01:04 | EDIT | REPLY |   

goldenblue

http://www.amazon.co.jp/Sings-Animals-Greatest-Hits-Burdon/dp/B0000033BE/ref=sr_1_92?ie=UTF8&s=music&qid=1207153656&sr=1-92

1. House of the Rising Sun
2. Don't Let Me Be Misunderstood
3. We Gotta Get Out of This Place
4. It's My Life
5. When I Was Young
一部試聴できます。
アラン・プライス抜きで、代わりにギターが結構ハードに鳴ってます。いつ頃の録音かよく知らないのですが。
そもそもはアニマルズ買うつもりで間違って買っちゃったんですがね。

2008-04-03 (Thu) 01:32 | EDIT | REPLY |   

ezee

★goldenblueさん
 おおきにです。
聴いてみました。結構、重ためにやってますなぁ
でもエリック・バードンの声はさすが。いろいろあるんすねぇ~

2008-04-03 (Thu) 23:43 | EDIT | REPLY |   

POPOSUKE

少し前の記事で申し訳ないのですが、コメントさせて頂きます。

エリック・バードンは高校生の時にライヴを観に行きました。それ以来、私にとっては特別なヴォーカリストの一人です。
アニマルズ時代のアルバムはどれも大好きですが、中でも実質的なラスト・アルバムの『ANIMALISM』という作品が最高にカッコいいと思います。
(トラックバックを送らせて頂きますので宜しくお願いします!)
それに、エリック・バードン&ウォーも素晴らしいですね!
個人的にはアニマルズ時代よりも気に入っています♪

また、もし差支えがなければezeeさんのブログにリンクさせて頂いても宜しいでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

2008-06-07 (Sat) 12:11 | EDIT | REPLY |   

ezee

★POPOSUKEさん
 どーも、どーもっ リンク歓迎です よろしくです
アニマルズは実は後期が渋いっとよく雑誌で見るのですが解散~Warあたり殆ど聴いたことございません。一度トライしてみます! エリック脱退後WARは友達に好きな奴もおったんでよく聴いたんですが・・

2008-06-08 (Sun) 01:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ANIMALS "ANIMALISM"
  • ANIMALSの最高傑作アルバムです。 1966年にアメリカのみでリリースされた本作は全米33位を記録しました。 本作は契約上の関係(?)からか、ANIMALSが解散した直後に収録されました。 収録当時の人間関係がどのようになっていたのかは知る由...
  • 2008.06.07 (Sat) 12:13 | HAVING A WILD WEEKEND