FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Sweet Soul Music / Arthur Conley * 1967 Atlantic

20p22384.jpg



 二十歳になるかどうかの頃、中学からの友人が目を血走らせながら「こういうなん、聴いとかなヤバイで」とよくわからんセリフと共におもむろに出してきたアトランティック・ソウル集。「おまえ、デュラン・デュランばっか聴いとったやないか!」とすかさず突っ込みましたがオーティスやらベン・E・キングなんかが入っていたと記憶するそのLPで、1曲目の最高のツカミとなってたのがアーサー・コンレーの「Sweet Soul Music」。ソウルといえばライオネル・リッチーかマイケルと思っていて、R&Rのルーツ探訪なども興味が無かったのでこのカッコ良さは結構衝撃的でした。10代の頃で貪欲な時ですので、自分が生まれる前の音源であっても新譜のように新鮮に聴けたもんです。それから暇な時、ソレばっかり聴いてたらアーサー・コンレーが無性に欲しくなってブチ当たったのがこのデビュー盤。オーティス・レディングがバックアップしてデビューした、そのスタイルはサム・クックそっくりの歌唱ながら荒々しいシャウトや南部特有のアーシーなバラードも織り込まれ一気に惚れこみました。ヨーロッパ・アンティーク調の椅子に座った黒人女性の構図もセンス抜群の素晴らしいジャケットも気に入り、ますますオールドソウルにはまっていくキッカケにもなった名作です。
 やはり本作でも1曲目に収められたソウル・レジェンズ賛歌である最高のアップ「Sweet Soul Music」は傑作です。サム・クックのYear Manの改作ですがリズム感が増し、実にダイナミックに仕立て上げたアーサー一世一代のグレイト・ジャンプとなっております。ちょっと乱暴なサム・クックって感じがたまらんところ。続くダン・ペン作の傑作バラード「Take Me (Just As I Am)」は味わい深い演奏も素晴らしく、よくスペンサー・ウィギンスには劣ると言われますがアーサー版も素晴らしい出来です。またこれと同じくFame録音で、モロにサム・クック調なのが思わずニヤけるミディアム「I'm Gonna Forget About You」もええ感じ。リズムナンバーも「Who's Foolin' Who」、「I Can't Stop (No,No,No,)」など師匠であるオーティス・レディングばりに迫る熱演で好感度大ですが、中でもオーティスが書いて自身も録音している「Wholesale Love」など溌剌とした歌唱にグイグイ引きこまれます。オーティス関連ではスロウの「Let Nothing Separate Us」も味わい深い逸品。アルバムはスタックスでの録音も収録ですが、最も“らしい”のが「Where You Lead Me」。サム&デイヴが演りそうなリズムナンバーでココでもサム・クック調の節回しが冴え渡ります。
「オヴェィションズとまではいかずとも、サム・フォロワーとしては絶対外せん人。グレイト!」

Sweet Soul Music



Comments 6

Mr.Pitiful

最近,まとめてリリースされている Swamp Dogg 関連の CD の中に,
以前,P-Vine で LP 化された作品ですが,
Arthur Conley が収録されているものがあります。
ARTHUR CONLEY + BOBBY MCCLURE + EDDIE FLOYD / SWAMP DOGG PRESENTS THE THREE SWEET SOUL MUSIC
http://diskunion.net/black/ct/detail/54C071227710

いよいよ,Sounds Of Memphis 時代の The Ovations が CD としてリリースされますが,
残念ながら,CD 1枚だけの中途半端なものらしいです。
贅沢を言うとバチが当たりそうだけれども,
"Having A Party" のメドレーは入っているものの,
"Were You There/Touch The Hem Of His Garment" のメドレーや
"A Change Is Gonna Come" が収録されていない・・・(T_T)
LOUIS WILLIAMS & THE OVATIONS / ONE IN A MILLION
http://blog.diskunion.net/user/kurojiru/kurojiru/8746.html

2008-02-13 (Wed) 22:34 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Mr.Pitifulさん
 オヴェイションズは大事にレコード持ってましたが、コンプリート盤にして欲しかったすね。以前CDで売ってましたがLPがあるからと思ってたら時すでに遅し。長いトンネルでした。
 しかし最近のKentは昔のP-Vineみたいっすね~

2008-02-14 (Thu) 01:35 | EDIT | REPLY |   

hidekichi

Arthur Conley

Do You Like Good Music?そりゃ嫌いなわけないじゃん?

乱暴なSam Cookeにはちょっと笑わせてもらいましたが、The Ovationsと比較するのはどうかな?と思いました。正直ただのSam Cookeの物まねでしかない彼らを評価するべきか?と言うのが私の思いです。

20数年前に来日した時に行きましたが、まあ正直たいした事はなかったですよ。
A. ConleyはGreatなシンガーだったと思います。

すんまへん、ちょっと否定的なコメントになってしまいました。

2008-02-17 (Sun) 03:36 | EDIT | REPLY |   

ezee

★hidekichiさん
 アーサー・コンレーって来日までしてたんですか。知らんかった・・
しかしオヴェイションズの生、あきまへんでしたか。レコードは栗田貫一のルパン3世みたいな芸術的モノマネ感覚で、聴いてます。モノマネ王座決定戦でしたら、優勝ですね~

2008-02-18 (Mon) 01:43 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

http://hanoi-stones-trex.at.webry.info/200704/article_7.html
最高ですよね!これ(^^)。
大好きです!
ども、ウェブリブログからFC2ブログへのTBがうまくいきません(@@;)~。
URL、貼らせていただきました。
すみません(^^;)。

2008-02-18 (Mon) 20:33 | EDIT | REPLY |   

ezee

★波野井先生
 最高すぎます。ここでのアーサーさん。
 ディープ・ソウル・ジャンプ10傑ってのがあるならば間違いなくノミネートですね。音のほうもイイですが、この時代のアトランティック作品、ジャケもカッコええの多いですな~

2008-02-21 (Thu) 01:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply