FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Rare & Unreleased Recordings / Aretha Franklin * 2007 Atlantic・Rhino

arare.jpg

  最近また活発になっているアレサ関連のリリース状況ですが、アトランティック期の未発表音源が大盤振る舞いの2枚組で堂々のリリース。だいたいこの60年代~70年代前半の時期のアレサってどれ買ってもハズレ無しのモノ凄い絶好調ぶりでしたが、当時はアルバムカラーにそぐわんとか、プロデューサーであるジェリー・ウェクスラーの判断で一級品までもお蔵入りしてしまったようです。たいてい、こういった未発表モノはろくなもんが無いのが常ですが、そこは女王。しょーもないオリジナル・アルバムを軽く凌ぐクオリティでの登場と相成りました。立ち読みした音楽雑誌で“10数年に一度の傑作”とまで書かれているのを見て「また大袈裟な~」と思ってましたが、聴いてみてあながちそうでもないなと。今回、自らライナーを執筆した長老ジェリーも記してますが「何で発表せんと置いとんたんか、よう分からん」と述べるくらいのグレイトな録音の嵐で正直驚きます。まずオーバー・プロデュースが一切無いのは流石ジェリー。そしてアレサの声の生々しさ。尋常やないですわ。広辞苑にレディソウルって項目があったらアレサ・フランクリンと書きたいくらいの気持ちになります。
 まず1枚目はジェリーに送った強烈なデモ・テープから3曲「I Never Loved A Man」、「Dr. Feelgood」、「Sweet Bitter Love」。鮮明にゴスペル回帰を打ち出した汚れ無き熱唱はこれからの方向性を明確に打ち出した記念すべきピアノ弾き語りでドラムとベースのみの簡素なバックが余計アレサの崇高さを引き立てます。後は未発表曲が続きますがコレがまた凄いことです。マッスル・ショールズの面々とのN.Y.録音である、James Brownのカヴァー「It Was You」、「The Letter」などバラードは最高の仕上がりで黙って聴くしかないです。Soul '69からのアウトテイク「Talk To Me, Talk To Me」ではKenny BurrellやRon Carterをバックにビッグ・バンド・ジャズで余裕たっぷりに聴かせます。他もボサノバ風ビートルズ「The Fool On The Hill」、マーヴィンのカヴァーも忘れられんJohnny Aceの名作「Pledging My Love/The Clock」、よりソウルフルなスプリームス「You Keep Me Hangin' On」、劇的な感動アレンジのシナトラ「My Way」、シンプルかつ力強いマーヴィン&タミーの「You're All I Need To Get By (alternate take)」、The Sweet InspirationsとCarolyn & Ermaのフランクリン姉妹のコーラスも最高な「Lean On Me」とカヴァーも完全に自分のフィールドに持ち込んで唸らせてくれます。
 ニューソウル臭プンプンの2枚目は70年代中心でグッとファンキーさが増します。Chuck Rainey(b),Cornell Dupree(g),Bernard Purdie(dr)らと組んで録音した「Rock Steady」の激ファンク別ミックス、エドナ・マクグリフの最高すぎるメロウカヴァー「Heavenly Father」と1枚目のアーシーさとは違った魅力で溢れてます。洗練された演奏も魅力なクインシー・ジョーンズと組んだときの未発表曲も「Sweetest Smile And The Funkiest Style」や「This Is」、「Can You Love Again」など文句無しの高品質さ。見逃せないのがBobby Womack曲で「That's The Way I Feel About Cha」や終盤の「I'm In Love」は既発とは違った感動が味わえます。他にもwith Ray CharlesのTVライヴ「Ain't But The Love」、エタ・ジェイムスにも負けん「At Last」など極上の逸品が押し寄せます。最後はピアノのみでの「Are You Leaving Me」でまたもや震えさせてくれます。マジで全編アレサの凄みを体感できます。
「もう91歳になるジェリー・ウェクスラー爺。賞賛すべき仕事をまたやってくれました」

My Way


Comments 10

JJ

ezeeさん、おはようございます。^^
未発表曲って、これだけ、大物クィーンになってしまうと、
数十年後のどのタイミングでお披露目するか、、
またはそのまま、流すか?って、思うところでしょうけど、
アレサのは、やっぱり、勿体無い。。こんな企画は、
このあとも、ずっと、2pacのように、出しふるまって頂きたいそんな感想です。
私も全皿持っているわけじゃないのですが、
若い人も結構、聴かれるんだなーって、最近、ビックリしてます。触れずにいたけど、アレサのお話はいっぱい、聞きたいものです。なので、ezeesaの記事は、ほんま、為になりますゎ。
>ジェリー・ウェクスラー爺)))笑
91歳でっか?音楽に携わる方は、やはり、いつまでも、お若い耳で居てくれるんでしょうねー。
脳年齢きっと、若いままんでしょうねー。

2007-12-02 (Sun) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Substitute

はじめまして。Substitute申します。
すごく良さそうですね。エエ情報、ありがとうございます。

2007-12-02 (Sun) 15:10 | EDIT | REPLY |   

まり

アレサ特集

BLUES&SOULの雑誌にアレサ・フランクリンの特集記事が載っていたので買いました。ウチにはグレイティスト・ヒッツの二枚組しかありません(^_^;)アトランティック時代さへ持っていれば いいですよね~ ~。

2007-12-02 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   

ezee

★JJさん
 コレ聴いて思ったのは、やっぱ才能ある人は廻りがほっとかんなぁって事でした。ジェリーの他にもアリフ・マーディン、クインシー・ジョーンズら各々みながエエ仕事してますねん。商業的なもんの先にアレサへの愛を感じる見事な発掘ですわ~

2007-12-03 (Mon) 00:38 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Substituteさん
 どうもです。あんまり良すぎて、しばらくコレばっか聴いてました。まだ蔵出ししてない名録音があるみたいです。でも死んだわけでもないので小出しがええんかも・・

2007-12-03 (Mon) 00:41 | EDIT | REPLY |   

ezee

★まりさん
 アトランティックでベストで漏れがちな名曲収録盤は個人的には「スパークル」(カーティス・メイフィールドとやった名盤)、「ライブ・アット・フィルモア」です。あくまで個人的趣味ですが、この2枚はベスト以外でも要るかなぁと思っちゃいます。なんせ、ぎょうさんありますからね~ 全部聴いてたら大変です。私も優秀なレンタル屋のおかげで色々聴けたりして・・

2007-12-03 (Mon) 00:48 | EDIT | REPLY |   

hidekichi

Arethaは

凄い!全部凄いから全部聞く必要はない。

そんなアーティストがいくつかいます。一番はSam Cooke。お次はOtis Redding、Arethaはその次かな?

例えばSlyやG.C.S.なんかは聞いたことが無い音源に対し執着するが、FavoriteなSam Cookeはどの曲を歌ってるのを聞いてもSamなのがよくわかる。

このCDは買いですよね...

2007-12-06 (Thu) 02:05 | EDIT | REPLY |   

ezee

★hidekichiさん
 仰るとおり、サム・クックもアレサも誰がプロデュースしようが時代がいつのもんであろうがデーンっと自分の歌唱が前に来ますもんね。
 時代性とか関係無いのは、やっぱ凄いっすね!

2007-12-07 (Fri) 01:48 | EDIT | REPLY |   

リュウ

この人も時代を超越してます!アレサは曲も自分のモノにしちゃうし!一度拝みたいっす♪

2007-12-07 (Fri) 17:51 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 オリジナルの超越度はほんまにたいしたもんですな。この盤とは違いますがS&G「明日に架ける橋」などオリジナルより良いと口走ったら、廻りの人に猛反発くらいました~

2007-12-08 (Sat) 01:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply