The Very Best Of Mick Jagger * 2007 Atlantic

Rolling Stones
s-mick.jpg



じじいになってもロックの代表的アイコンであり続ける男ミック・ジャガー。なんやかんやいうてるまに結構出ていたソロ・マテリアルですが、さすが商売上手のミック。未発表アイテムなんかも上手にほりこんで絶妙のタイミングでリリースです。思えばストーンズがミックとキースの不仲で解散危機を迎えていた最中に発表された1stソロは内容的に素晴らしく結構聴いたアルバムしたが、ストーンズ解散は嫌やったので今思えばアホみたいですが「売れてくれるなっ」とも願った複雑なファン心理の中で出た作品でした。その後も寡作ながらコンスタントに出したアルバム5枚のアルバムはそれぞれ好感触で、中には「なんでこれストーンズで演ってくれへんにゃ」と思わせる名曲が多数ありました。個人的にはミックの元来持っているイチビリ精神やポップなトレンド感、エモーショナル・レスキューやブラック&ブルーで見せたソウル趣味にベタ惚れですので、少々の意味不明なことをやらかしても全てOKです。当たり前ですがミックなくしてはストーンズのここまでの巨大化も有り得なかった思ってますから。
 さて初のソロ・ベスト。いっつもこの手のベストは「あの曲が入ってない!」とか文句が出たりしますが、本人含めぎょうさんの大人が「これでよろしいやん」言うて出してる以上何も言いません。冒頭を飾るのはレニー・クラヴィッツと組んだビンビン・ロック「God Gave Me Everything」。また近作では相性の良さが光ったデイヴ・スチュワートとのアルフィー・サントラの「Old Habits Die Hard」が。ナイル・ロジャースとやった1stからはヒット曲「Just Another Night」に「Lucky In Love」が選曲。そして個人的にはソロ最高作と思ってるDef Jamリック・ルービンと組んだワンダーリング・スピリットからはビル・ウィザーズみたいなクールなファンクにファルセットも冴えまくる「Sweet Thing」、突き抜け感抜群の「Put Me In The Trash」他2曲に加え同セッションからの収録漏れだった迫力どブルース「Checkin' Up On My Baby」にラテン調「Charmed Life」も嬉しい収録。目玉となる未発表曲では仰天の100 Proofのデトロイト・ソウル・カヴァー「Too Many Cooks」が白眉。オリジナルとは違った猥褻さがまた素敵です。こちらは'73年録音ですが、さらに前の'69年にライ・クーダーやスティーヴ・ウィンウッドらと録った映画挿入歌「Memo From Turner」や'79年に生前のオリジナル・ウェイラーズPeter Toshとのデュエットでテンプスのレゲエ・カヴァー「Don't Look Back」、'85年ライヴ・エイドでお馴染みのDavid Bowieとのモータウン・クラシック「Dancing In The Street」と嬉しい落ち葉拾い的選曲も。ソロみんな持ってても買わなあかんようになってます。
「こんな色っぽいじじいは他にいません。年寄りの星として、あと20年くらいは頼んます」

David Bowie & Mick Jagger - Dancing In The Street (Live)



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Talk Is Cheap / Keith Richards * 1988 Virgin | Home | Gauloise / Monsieur Kamayatsu * Polystar 1994

コメント

キースのベスト盤も欲しい。

コレをきっかけに,キースもベスト盤を出してくれればうれしいのだが・・・。
最初のソロ・シングルだった "Harder They Come" や,いろいろなトリビュート盤などにゲスト参加している曲はかなりあるので,まとめて聴けるようにして欲しい。


Joss Stone とのデュエットが収録されていないのは,なぜ?

2007/11/01 (Thu) 07:21 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集

スーパー60代!としか言いようの無い人ですよね♪
何がすごいって、まだ上手く、そして声が出るようになっている・・・。化け物です。(笑)
そして、それを愛してやまない自分がいますがっ!!
ezeeさんも“Wondering ~”御好きですか!!
嬉しいですね~。絶対名盤だと思います♪

Too Many~にはホント、ぶっ飛びました!!

2007/11/01 (Thu) 10:12 | リュウ #- | URL | 編集

★Mr.pitifulさん
 キースのアンソロジー、欲しいっすね。
ハーダー・ゼイ・カムやラン・ルドルフ・ランなど聴いたことすら無いこの私。ミックの続編としてお願いしたいところです!

2007/11/02 (Fri) 01:32 | ezee #- | URL | 編集

★リュウさん
 いやホント、凄い人です!
歳をとって残念な作品を出す人や、パワーダウンして年輪や味で勝負する人が多い中、別格のパワーですね。会社で定年して再雇用された人見てるとあまりのオーラの違いに「何が違うにゃろう?」と真剣に考えてしまいます~

2007/11/02 (Fri) 01:38 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 今晩は!  昨日まですっかりアタマから抜けていた1枚、今日、早速Getしてきました。(okadaさん、感謝っ!!)  もちろんその1枚とは、敬愛して止まないR.Stonesのフロントを背負って40数年のこの方っ

2007.11.01 (Thu) 10:07 | その日暮らしの音楽日記
このページのトップへ