New Jack Hits / Various Artists * 1996 Rhino

R&B Compilation
new jack

 いまだに特集記事が組まれるほど熱烈歓迎状態だった90年前後のR&B新潮流“New Jack Swing”。80年代当時、全盛だったブラコンには大人すぎて見向きもしなかったブラック・ミュージックでしたが、テディ・ライリーのGuyを筆頭に新世代型ファンクと映ったその新鮮なサウンドは「こらぁ聴いとかな大損するぞ」と感じ、一気に現行R&BやHip Hopにまで手を出すきっかけとなりました。猫も杓子もNew Jackとなったシーンはそれくらい画期的であったということで、今聴いてもやはりカッコよいものです。アン・ヴォーグやR.ケリー、TLCの1stなど、その流れで出てきた音はCoolでダンサブルながら歌謡曲的にとっつきやすく、Funk的な気持ち良さも兼ね備えた魅惑のサウンドで溢れきってます。カーステなんかで爆音で流した日には、気持ち良過ぎてわざと遠回りして目的地へ行くなんて事もしばしばあるくらいでした。そんな今のR&Bの下地を築いたニュージャック的サウンドを上手いことまとめたコンピです。薄っぺらな私には持ってこいの重要曲チョイスで、自身カセットでしか持ってない曲ばっかだったので重宝しました。
 中身はズバリのタイトル「New Jack Swing」のWrecks-E-Effectでスタート。テディ・ライリー師匠が手掛けたド真ん中サウンドは弟Markellがメンバーってのもあってか「これぞニュージャック」てな跳ね具合でゴキゲンさんです。続いてニュー・エディションの残りモンといったら失礼なくらいカッコええBell Biv DeVoeは「Poison」、「Do Me! (East Coast Mental Mix)」と収録。またNE組ではJohnny Gillの「Rub You The Right Way」も収録ですが、コチラはかなり迫力の歌いこみです。そしてテディ同様新型Funkを提示してくれたFoster/McElroyは「Dr.Soul」が収録でMC Lyteも軽快にラップを決めるCoolな逸品。この二人の手掛けたEn Vogueの傑作デビュー作より「Lies」、SamuelleSo You Like What You See」なんかも歌心&スゥイングが両立していて実に素晴らしいです。男性ヴォーカル・グループも多数収録ですが中でも最高なのがColor Me Badd All 4 Love」。このPop感にテンプスも感じさせる踊り・コーラスはたまりませんでした。またテディがゴスペルまで手掛けたThe Winans「It's Time」、キッズな甘さが美味しいThe Boys「Crazy」、チャッキー・ブッカーの傑作Troop「Spread My Wings」と実にナイスなチョイスです。最後はブラック・ストリートで歌ってたデイヴがいたForce One Network「Spirit」で爽快な締め。
「今やちょっと古めかしい感じですが、この底辺からウナるグルーヴは最高です。テディよ、また前線帰還望む!」

Color Me Badd's All 4 Love


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Nuthin' But Death Row Classics / Variour Artists * 2002 Death Row | Home | Graduation / Kanye West * 2007 Roc-A-Fella

コメント

来週は、ビルボードliveで、いよいよデスね!
NJSのモードにシフトあわせて、行かねばデス!

というか、どんだけ?GuyとBlackStreetの曲をお披露目してくれるのかしらぁ~?
ビルボードも初めてなので、ステージと夜景に酔えるといいんですが。。。

2007/09/22 (Sat) 20:49 | JJ #- | URL | 編集

JJさん
テディ師匠の来日公演、行かはるんすな~
いいっすね~ またリポート頼んます!
しかしアホほどプロデュースしまくってたのも、もう10年前ですね。ロジャーの後継者はコノ人しかおらんと今でも思ったりしてます。

2007/09/23 (Sun) 01:40 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ