FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

The Low End Theory / A Tribe Called Quest * 1991 Jive

012414141828.jpg



いろんな所でさんざんエエ、エエと取り上げられる今更ながらの超の上に激までつけたい名盤。'90年代前半というと、己はまだHip Hopに対して疑心暗鬼状態でしたがノーティ・バイ・ネイチャーやATCQなんかが入り口の扉を「さぁ、どうぞ、どうぞ!」と開いてくれたようなもんです。私が彼らの進化についていけなかっただけなのか、後期のATCQはさっぱり理解不可能でしたがこの辺りの音は今聴いても鼻血ドピューの神がかり的傑作連発です。昔おのぼりさん丸出しで行ったフーラなんかでも、割れんばかりの重低音で鳴らしていて最高に気持ち良い音だったのを思い出します。さて近年寡作気味の中心人物だったQティップ。最近では“Hip-Hop Is Dead”とまで言っちゃって、過去の人がよく言う台詞を吐いたりしてますが、コレだけの音を作り上げた人です。今のシーンなりの尖がった音を必ずや届けてくれるはずだと信じ、ずっとホームランをバックスクリーンでグローブはめて待ってます。
 そしてこの2ndアルバムですが、覆い尽くすのはJAZZで用いられるウッド・ベース等の音源を巧みに再構築した重低音が肝のシックでモノトーンな雰囲気です。Qティップとファイフの淡々としたラップもハマリまくりです。まずド頭からアート・ブレイキー使い「Excursions」、超低音のベースが気持ち良すぎる「Buggin' Out」と本作を象徴する強力マグネット・トラックで聴く者を虜にします。「Verses From The Abstruct」ではなんとロン・カーターがウッド・ベースで参加しナイス・グルーヴを披露。他にもブランド・ヌビアン参加の「Show Business」、AWB使いの渋い「Check The Rhime」、ファンカデリック使いの「Everything Is Fair」、ダークにスゥイングする「Jazz」と国宝級クラシックがずらり。最後はリーダーズ・オブ・ニュースクール参加の大傑作ポッセカット「Scenario」。バスタ・ライムスの狂気のライミングもシビれる奇跡の録音で、10年以上前、ヒップホップ好きの宝石業者と常に爆音で車中鳴らしていて苦情まで頂戴した、未だに脈拍アップの思いで深き逸品。
「歴史的名作に偽りなし。ヒップホップに教科書があるなら間違いなくナポレオン級扱いの人等」

A Tribe called quest - Scenario


A Tribe called quest - Jazz(We've Got) & Buggin' Out


Comments 2

波野井露楠

こんばんは。
ヒップ・ホップは未だに苦手な私です(^^;)。
まず、あの出で立ちが苦手なのですが、まだまだ甘いということでしょうか(^^;)。
いつか、私の扉も開くのでしょうか。。。
ところで、お願いなのですが、相互リンクをさせていただけないでしょうか。
よろしければ、どうぞよろしくお願いしますっ(^^)!!

2007-07-11 (Wed) 20:07 | EDIT | REPLY |   

ezee

波野井さん 毎度です!
音楽は普遍的ではないので、結構評判の音聴いても苦手なのが私にもぎょうさんあります。まぁええかと思ってます~
相互リンクですが、全然構わないっすよ!
わざわざ聞いていただいて律儀さを感じます。ありがとうございます。またええ音の情報よろしゅう頼んます。

2007-07-12 (Thu) 01:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply