Blue Train / John Coltrane * 1957 blue note

Hard Bop
tocj6404.jpg



 はっきりいって親父がコルトレーンでは唯一持ってたジャイアント・ステップを高校当時のバンド仲間と耳にしたとき全然スルーでした。「何やコレ?」「吹きすぎっ!」「ワケわかめ」など散々いってポイですわ。しかも家の構造は物干し場への通り道となる部屋だったため友達がいたら正に“おかんとマー君”状態です。そらぁヘンに両親に食いつきのエエ行動を起こすと大変だったので、親父のレコードはこそっと聴いてすぐしまう。それがセオリーでした。それから数年。アシッド・ジャズやらメイシオ・パーカーなんかからさかのぼって聴いたブルーノート関連。耳にヒットしまくりですわ。聴覚も知らんまに少しは進化しとったわけです。そんな中、プレスティッジやブルーノートはジャケがメチャCoolやったり、自分がサックス始めたり、ヒップホップでのサンプリングからの興味があったりで聴く機会もちょこちょこ増えたジャズ。再会したコルトレーンはえらい男前な音やったわけです。
 この珍しいブルーノートでの録音は有名なマイルスのマラソン・セッションでも一緒だったポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)に加えリー・モーガン(tp)、カーティス・フラー(tb)、ケニー・ドリュー(p)といった面子で録られています。いきなりのタイトル・トラック「Blue Train」で「邪魔じゃ、退きさらせ!」と堂々の3管でグイグイ迫ります。続く「Moment's Notice」もワシもまぜろと強引に加わったカーティスの素晴らしくスイングするトロンボーンも聴きものの傑作。そして典型的なハード・バップ「Locomotion」。コルトレーンの爆裂ソロの後、ブレイクして各々ソロになだれ込むのですがカーティスしかりリー・モーガンしかりいちいち格好よくて聴くたんびにシビれます。唯一のしっとりバラード「I'm Old Fashioned」で落ち着いた後は再びハードバップの「Lazy Bird」で華麗にかつ熱く締めます。まさに口の立つ大阪のおばはん並みにまくしたてるそのブロウは耳を釘付けにします。コルトレーンの中でも比較的ストレートな演奏が楽しめる大充実盤です。
「これぞハード・バップやと言わんばかりの気合です。ほんまシビれまっせ。」

テーマ: JAZZ | ジャンル: 音楽

Kero One Presents PLUG LABEL / Various Artists * 2007 Pluglabel | Home | Cookin' / The Miles Davis Quintet * 1957 Prestige

コメント

嗚呼~、もー好物な音です。
最近、こういうサックスの大人域がようやく、聴けるようになって、嵌りつつあります。
次回、この盤、ぜひ!手に入れてみますね!
こういう音は、カチャカチャと、食器やグラスが触れるJazzBarなんかでよく、かかるのですが、
なんとも、食事ちうに同化しても、お洒落なんですよね。
ほんまに、すきや~。

2007/07/08 (Sun) 08:24 | JJ #- | URL | 編集

サックスってのは人間の肉声に近いってこともあって親近感ありますね~。晩年のコルトレーンはフリージャズに近いアプローチもあって難解な面もありますが、この辺はカッコええし洒落てるしホンマよろしいっす。でも麻薬代欲しさにレコーディングしたっていう情けない逸話もあるこの盤ですが、音良ければ全て良しって感じです~

2007/07/09 (Mon) 00:48 | ezee #- | URL | 編集

はじめまして。
話の中に、「吹きすぎっ!」ってありますが、僕もこのアルバム、初めて聴いた時、同じ事を感じました。ちょうど、モダンジャズを聴き始めた頃で、はっきり言うと、コルトレーンは非常に疲れる部類のミュージシャンでした。あと、10年もすると、体力なくて、聴けなくなるかもしれないので、今のうちに、棚から、引っ張り出して、聴いておこう・・・。そんなに思います。

2007/07/15 (Sun) 23:50 | 土佐のオヤジ コジコジ #- | URL | 編集

★土佐のオヤジさん
 おおきにです。
コルトレーンはBGMには決してならない、気合入れて聴くとこありますね。それが、エエとこでもあるんですが。ユンケルか赤蝮、バイアグラでも飲んでお互い聴き続けましょう!
また、よろしゅう頼んます

2007/07/16 (Mon) 00:19 | ezee #- | URL | 編集

こんばんは☆
この見事な筆致で、是非とも“至上の愛”を語って頂きたいものです。

世間の持ち上げはどうあれ、私にとって“至上の愛”は、大衆酒場にこそ似合う、心に沁みる演歌の大名盤でして…

2014/12/07 (Sun) 21:43 | Booty☆KETSU oh! ダンス #- | URL | 編集
No title

★Booty☆KETSU oh! ダンスさん
 エルヴィン・ジョーンズのドラムにもシビれる至上の愛!
しばらくホッタラカシですが、また聴いたとき書きますわ。

2014/12/07 (Sun) 22:45 | ezee #- | URL | 編集
連投すみません(汗)

まったくです!コルトレーンよりジョーンズのチッチキチーな満面の笑みが先に浮かんでしまうアルバムですね!

2014/12/07 (Sun) 23:14 | Booty☆KETSU oh! ダンス #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

一般的には1曲目に有名な「枯葉」が収録されているということで人気があるようですが、むしろマイルス・デイビスがハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキーという名手と共演した、ということがすごいことだと思います。ジャケットはいたってシンプルで...

2007.09.28 (Fri) 12:15 | ジャズ サックスの感動
このページのトップへ