FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Let's Stay Together / Al Green * 1972 Hi

CS1400469-02A-BIG.jpg

男の中の男といえば間違いなくアル・グリーン。じつはアルバムレビューといいつつ、まともに全曲「通し」で聞けるアルバムってホンマに少ないもんです。その点、コレは別。モコモコサウンドが醸しだすソウル感が最高なハイサウンドに乗って実に高品質なミディアムテンポの曲が連なります。アルが本来持っている野太いゴスペル唱法を抑え目に、魅惑のファルセットも駆使したアル黄金期のスタイルが確立された記念すべき作品。そりゃWu-tang総帥RZA氏も惚れ込む筈です。ニューヨーク・アポロ劇場のホール・オブ・フェイムのイベントでTeddy Pendergrassや芋虫Ben.E等をくいまくった痛快パフォーマンスを見せたタイトル曲「Let's Stay Together」は音楽界の金字塔といっても誰も異論無しの名曲です。多くのカヴァー作品が存在しますが、このオリジナルに勝るものは無いと断言できます。
 その名曲を軸に据えた本作ですが他もハズレ無しで曲・サウンド共に文句無しです。Hiサウンドの立役者でありプロデューサーのウィリー・ミッチェルも歴史的大事業を成し遂げたといえる完成度の高さです。殆どがアルの自作曲で「So You're Leaving」に「Old Time Lovin」とミディアム、スロウともに大充実です。そしてアルの凄いところはカヴァー曲も自作の如く圧倒的完成度を見せていることです。エディ・フロイドの「I've Never Found A Girl」に、ビージーズの「How Can You Mend A Broken Heart」と、しっかり自分の世界で歌い切ります。特に後者のスロウは鳥肌失禁モンで、セクシーなソウル・ヴォイスがチャールズ・ホッジスのオルガンに乗った「これぞHiサウンド!」といえる絶品の仕上がりです。本編最後を飾る、重たいリズム・セクションがたまらん「It Ain't No Fun To Me」でも力強いアルの歌唱がグッと聴き手を引き寄せます。2003年にボーナストラック2曲(「Eli's Game」、「Listen」)付リマスターの決定盤が出ています。
「70年代ソウルな最良の部分を教えてくれた名盤中の名盤。一家に1枚必須。」

Let's stay together


"How do you mend a broken heart"


Comments 4

k-hiko

このアルバム聴きたいなあと思ったら、棚からなくなってしまっていました。貸した覚えもないのに。
でも2003年版の決定盤に惹かれましたので、早速買いなおしたいと思います。

2005-07-10 (Sun) 15:27 | EDIT | REPLY |   

ezee

Let's Stay Together

私もソニー盤から買いなおしました。但し「Let's Stay Together」の悶絶ロングバージョンは別のベストに入ってますよ!

2005-07-11 (Mon) 01:08 | EDIT | REPLY |   

kaiser_sosae

Let's Stay Together

TBありがとうございます。
Apolloの奴は僕が見たのと同じかなー?
途中でマイク置いて生歌で歌いだす凄いライブでした。

2005-10-16 (Sun) 23:28 | EDIT | REPLY |   

ezee

Al Green

Kaiserさん おおきにです!
私の見たLet's Stay Together壮絶ライブ
は'94年頃のアポロ劇場のアニバーサリーライブでした。チャック・ジャクソン⇒ベンE⇒アル⇒テディペン⇒ブライアン・マックナイトと順番に唄うのですが、アルのパフォーマンスは神が降りてきたかの如く素晴らしいモノでした。たまに見て鳥肌たててますぅ!

2005-10-17 (Mon) 00:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ☆僕の音楽歴
  • {/star/}1981年渡米(シカゴ)。マディー・ウォーターズ、バディーガイ&Jr.ウエルズ、ホームシック・ジェームス、J.B.ハットー、サニーランド・スリム、アルバート・コリンズ、etcとセッションワーク。シカゴのローカルミュージシャンとセントルイス、ミルウォー
  • 2005.08.22 (Mon) 14:19 | 牛ちゃんの哲学しましょう!
この記事へのトラックバック
  •  Al Green
  • 1970年代のMemphis Soulシーンを世界的に広めた代表的レーベル、Hi。O.V.WrightやDon Bryant、Otis Clay、Quiet Elegance等、サザン・ソウル・ファンを震え上がらせる名作を連発した同レーベルですが、全国区に名を広めるのに貢献したスター歌手は、ブルージーで硬質な歌声
  • 2005.10.16 (Sun) 23:25 | Hello World II