FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.06
12
Category : Motown
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
g-knight-album-ultimate.jpg



 近所の愛想いいおばちゃんって感じがして、個人的になんとなく親近感抜群のハスキーアルトの女王グラディス・ナイト。若い頃からその魅力ある歌声で兄弟&いとこで組んだピップスと共に第一線で活躍ですが人気を決定付けたのがモータウン時代。普通、全盛期がモータウンって感じで語られるグループが多いですがこの血縁グループはちょっと違います。今も現役バリバリのグラディスが他モータウン・アーティストと少し違うのはキャリア半ばでモータウン入社したって事で、モータウン離脱後も更なる飛躍を遂げた真の実力派です。しかしこのグラディス嬢、何せ歌上手すぎです。感情移入や強弱のつけ方、節回しと非の打ち所が全くありません。ゴスペルがルーツでありながら、ちょっとポピュラーっぽい部分がまたメチャメチャ良かったりします。どの時代においてもコレっちゅう名曲があるグラディスですが、アイズレー・ブラザーズ同様にモータウンは栄光ある歴史の一部ってな感じでマグナム級傑作もビシッとあるので外せません。
 やはりモータウン時代('66~'73年)となればまず'70年代の傑作スロウが思い浮かびます。その代表といえる「If I Were Your Woman」はアリシア・キーズとかシャニースのカヴァーでも知られる超の付く名曲ですがオリジナルの良さは格別です。そして「Neither One Of Us」もまたグラディスの芸術の域まで達した完璧の歌唱が最高で、アレンジ・コード進行もこれだけ完成度の高い曲はなかなか出会えません。グラディス節爆裂の「Make Me The Woman That You Go Home To」も劇的な展開が震える逸品。また'60年代はモータウンのファンク・マスター、ノーマン・ウィットフィールドが手掛けたリズミカルなポップ・ソウルが光ります。躍動感溢れるアレンジが正直マーヴィン版より好きな「I Heard It Through The Grapevine」、素朴な味わい「Everybody Needs Love」、グラディス版ファンクといえばコレ「The Nitty Gritty」や、シングル・オンリーのファンク「Friendship Train」や「You Need Love Like Do」など好曲目白押しです。他にはアシュフォード&シンプソンの「Didn't You Know」なんかでのドラマティックな激唱もたまらん出来です。
「小さな体でこの唄いっぷり。ただのチビや思たらえらい目にあいまっせ」
Friendship Train


Comment

非公開コメント

え~

ピップスって、兄弟&従兄弟だったんですか!
そういえば、似てますね♪
グラディス・ナイトはメチャメチャ歌が上手いですよね。 
最近も上手い人は多いですが、またひと味違う上手さ。
彼女の顔って、ちょっと小犬みたいで可愛いです(笑)

グラディスの愛らしい表情。何かに似てるなぁと感じながら書いとったんですが、すっきり。犬ですわ!まさに子犬ちゃんって感じですよね。あ~すっきり。ありがとうございます!?

子犬ちゃん

なかなか的確な表現ですね(笑)。

普段あまり女性Vo.を好んで聞かないhidekichiですが、中でもGladysは私のFavoriteSingerです。

あの声は才能っすねえ、最高!

★hidekichi さん
 そやけど、こんな犬いてますよね。なんと歌の上手い犬なんでしょう!
それよりも、紹介されてた「ハミングバード」購入申し込みしてたんですが売り切れキャンセルされてしまいました。あ~残念

Hummingbird、私もAmazonにやられました(爆)!

そうなんです。無いとなると無性に欲しくなる・・ああ聴きたい!

おはようございます!
これ、昔カセットテープで持ってました!
どこにやってしまったっけなあ…(汗)。
探してみます(^^)。
以前、友人が「アレサよりグラディスが好き」と言っていたのをふと思い出しました(^^;)。
そういう比べ方ってあるんだあ…って、私はその時思いました(笑)。

★波野井さん
 アレサとグラディス! 日によってどっちが好きとかコロコロ変わりますわ~ 
双方共に、出てきたら凄まじい存在感ですよね。しょうもない共演者やったら吹っ飛ばす真のアーティストやと思います。