FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Atlantic Sisters Of Soul / Various Artists * Rhino 1992

c49427dt012.jpg

 ほんまの意味での“べっぴん”が集結した非常にナイスな企画盤です。ソウル全盛時のアトランティック系列の音源は上質音源満載で'60~70年代の充実ぶりにはホント目を見張るものがあります。この辺のレディソウルってのはキャピキャピ感こそなけれどバーナーで一気ではなく薪で火をおこすような感じでグッとハートを熱くさせるものがあり、正にハートウォーミング・ソウルってな感じです。ほんまに何回聴いてもメッキが剥げることなど無い純金音楽といえます。それぞれが自信に満ち溢れていて、「どや、さぁ聴きなはれ!」と言ってるが如く説得力抜群の歌唱が堪能できるのが実に心地良いです。
 中身はモータウン初期の歌姫としても知られるMary Wellsのシカゴ録音ヒット「Dear Lover」で軽快にスタート。続いて貫禄バッチリのマスル・ショールズ録音Baby WashingtonI Don't Know」、ポール・ケリー作の激名バラードDee Dee SharpA Woman Will Do Wrong」と絶妙の構成です。そして妖しくホイットニーのおかんが迫るThe Sweet InspirationsWhy」、切ない歌唱がたまらんBarbara LynnI'll Suffer」、ビッグOカヴァーJudy ClaySister Pitiful」、アン・ヴォーグもカヴァーしたLaura LeeWhat A Man」と前半戦で「もう参りました」と言わざるをえません。中にはあまりメジャーではない人の名曲もチョイスで小躍りします。アーマ・トーマスの名曲のナイス・カヴァーMary LouWish Someone Would Care」、クラレンス・カーター手掛けるMargie AlexanderCan I Be Your Main Thing」など素晴らしさ満開です。中でもRozetta JohnsonWho Are You Gonna Love」、Jean BattleUnsatisfied Woman」サム・ディーズ製作2連発は圧巻です。後半は比較的メジャーどころとなるEster Phillips、Irma Thomas、Bettye Swann、The Pointer SistersらがJFKの如く必勝リレーで 最後はMargie JosephSweet Surrender」で華麗に三振で締め。
「グレイトの一語に尽きるレディソウル集。完璧な完封シャットアウトでヘロヘロです。」

Comments 0

Leave a reply