FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.06
01
Category : Roots Rock
Theme : おすすめ音楽♪
Genre : 音楽
152570_DB_Toget.jpg



 スワンプ・ロックの代表選手として名前が挙がるデラニー&ボニー。そもそもスワンプっていったい何やねんって感じでしたが、ゴスペルやらR&B、カントリー、ロックンロールをミキサーにかけてコップに注いだようなアメリカ南部の音楽っていう理解をしてます。個人的に好きなのは奥さんボニー・ブラムレットのソウルフルな声で、最初聴いたときマジで黒人にしか聴こえませんでした。経歴も幼き頃から教会でゴスペルに親しみ、アイク&ティナの爆裂コーラス隊アイケッツにも一時所属してたというから納得です。とにかく大好物系の歌い方で一発で一目惚れって感じでした。何しろこの二人、デビューは黒人名門レーベル・スタックスだけあってブルー・アイド・ソウルとしても一級品です。夫婦デュオであったため離婚してコンビ解消となったので本作がラスト・アルバムです。敏江・玲児のように別れても表舞台で活躍するのは大変だったのか、ええユニットであったので残念です。
 さて中身ですが新曲やら焼き直しの寄せ集めながら結構いける内容です。「Only You Know And I Know」は元々トラフィックのデイヴ・メイソンの曲らしいですが、疾走感溢れるアレンジでオープニングを軽快に演出します。続くボニー真骨頂といえる、もろゴスペルの「Wade In The River Of Jordan」では聖歌隊も加わった力強い出来。そんな感じで泥かっこええ曲が連発ですが、強力ロックン・ソウルでティナ・ターナーのパワフルな歌も加わる「Sound Of City」、ボニーの劇的な歌唱が光まくるレオン・ウェア作「I Know How It Feels To Be Lonely」、E.クラプトンやデイヴ・メイソンも参加した力強いサザン・ロック「Comin' Home」、アーシーな感じがたまらんカーペンターズの大ヒットの元歌として有名な「Groupie (Superstar)」あたりは唸るしかない品質でもう大満足です。またゲストの豪華さでいうと「I Know Something Good About You」はアレサ・フランクリンにキング・カーティス、ボビー・ウォマック、ビリー・プレストンまで参加した黒いグルーヴがたまらん佳作。また現行リマスター盤は本作以降のソロ曲も追加収録ですが、アヴェレイジ・ホワイト・バンドがバックを固めたボニーの「Good Vibrations」なども中々聴きものです。
「ジョージ・ハリソンもべた惚れしたデュオ。作品は今も輝き続けてます。」
Comin' Home


Comment

非公開コメント

Roots, Blues & Jazz

去年リリースされた Bonnie Bramlett の新作↓もなかなかでした。
◎ Bonnie Bramlett "Roots, Blues & Jazz" [zoho roots ZM 200604]

"A Change Is Gonna Come" のカバーは悪くなかったし,"Love Hurts" もキースほどでは無いにしても地に足がついていないロッドのバージョンよりはるかに良かった。

ezeeさん、ビンゴ!
数日前、映像見たとこでした。
一人クラプトン祭り開催してたから(笑)

で、
敏江・玲児にバカ受け。
目に浮かんだ(笑)

★Mr.Pitifulさん
 なんと最近に新作が出てるんですね。なかなか面白そうな内容ですね。気になります~

★Samyuさん
 クラプトン祭り!それは素晴らしい! 神輿かつぎくらい行きますのに~ やはりこの辺りから'70年代ソロのクラプトンの泥臭さはええもんですぅ

うちにも一枚あります。

聞き出したのは 昨年からなんですが…クラプトンが参加してるアルバム 聴いてみたいです。

やっぱ持ってはりますか~
ライブ・アルバムはクラプトン出ずっぱりです。レイドバックしたプレイも聴きものですね!