FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

フロム イエスタディ / 桑田佳祐 * 1992 Victor

201L.jpg



 桑田が出るっていうので久々にミュージック・ステーションを見ました。子供の時の「勝手にシンドバッド」の衝撃以来、いまだに気になり続けている人ですが、やはり色んな洋楽を強靭な消化力でミックスし昇華させてきたメロディ・メイカーぶりは素晴らしいもんでした。若きJ-Pop勢に混ざって堂々の貫禄でしたが、その気取らない人柄と何となくコミカルな面は今も親しみやすさ抜群です。ソロメンバーで合宿した話とかタモリ氏としてましたが、私もバンドで合宿したことがあり「何で音楽すんのに合宿せなあかんねん」と当初思ってましたがダラダラ飲んで宴会ばっかの合間の練習も結構おもろいもんです。酒で昼間っからヘロヘロなのに一人でも女子がのぞきに来たりすると打ち合わせ無しで突然史上最高の演奏が出来たりして、音楽を演る動機は“やはり女にあったのか”と再確認できたりする瞬間もあったりしました。今思えばえエエ経験やったと思い出したりしますが、そんなこんなでメンバー親交も深まり音にも好影響するのが合宿の意義なんでしょう。その合宿までして気合の入ったソロ活動再開の桑田さん。サザンを離れて活動したソロ・ワークスの初期をまとめたのが本企画盤です。
 何でコレ買ったかというと当時アルバムに入らんかったKUWATA BAND名義のヒット曲の収録があったからです。中でも桑田版メロウ・ファンクといえる「スキップ・ビート」は英語・日本語ちゃんぽんの歌詞も最高でサザンとは違ったグルーヴ感もたまらん名作です。また更に上をゆくのがソロで発表した切ない歌詞も最高な「いつか何処かで(I Feel The Echo)」です。桑田お得意の心の琴線に触れまくるスロウですが、今やミスチルで有名な小林武史&藤井丈司のアレンジも絶妙でデジタル的なバックの処理も完璧な珠玉の傑作で、今も一番のお気に入り。他にもCMでインパクトもあった小林武史等とのユニットのSUPER CHIMPANZEE名義「北京のお嬢さん」& ふざけまくりの「クリといつまでも」、大ヒット「Merry X'mas In Summer」、Hall & Oates参加の「She's A Big Teaser」と話題作から珍品まで収録。
「衰え知らずの日本の宝みたいな人。いつまでも第一線で頼んます!」



Merry X'mas Show - Twist & Shout

Comments 4

samyu

あきませんやん、もうストライクゾーンで(笑)ベストテンのスポットライト
「勝手にシンドバッド」で衝撃受けて以来、
サザン好きです。
私もMステ、桑田さんだけ見てました。
この↑のクリスマスショー、まだビデオで持ってて見ますよ。

2007-05-19 (Sat) 09:16 | EDIT | REPLY |   

おんが

おひさしぶりです

ezeeさん、お久しぶりです。
昨晩のMステを見ましたよ。桑田さんは全然違いますね。同じ時代(ちょっと年下ですが…)を生きて来たはずなのに…、全然ちがう!。
友人からそんな変なバンドのLP買ってどうするの?と言われた30年前。今でも昔の仲間と飲む時に「見る目があったよね」とホメ殺されて悪酔いしてる自分です。トホホ

2007-05-19 (Sat) 09:22 | EDIT | REPLY |   

ezee

★samyuさん
 ベストテンのサザン!毎週釘付けでした~
 その辺は私の音楽の興味のルーツやったりします。
チャートはバリバリのソウルに溢れてました。野口五郎「グッドラック」、ヒデキ「ブルースカイブルー」、大橋純子「たそがれマイラブ」・・あ~よろしおまんなぁ

2007-05-20 (Sun) 00:55 | EDIT | REPLY |   

ezee

★おんがさん
 桑田さん、若いっすね~ 
私が小学校時代に登場したサザンは影響力すごかったっすよ。もう皆ほうき持ってマネですわ。それから今まで活躍されるとは誰も思ってなかったのでは? 初期の泥臭い感じ良かったっすよね!

2007-05-20 (Sun) 00:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply