Candi Staton / Candi Staton * 2004 Fame・Capitol

Southern & Deep
candi.jpg staton_ca_20110713020448.jpg Candi_Staton-Stand_By_.jpg



「宝石箱や~」
 彦摩呂ならばこう言うに違いないのがキャンディ・ステイトンのFame録音。学生時代、評判を耳にしてVivid盤LP(右2枚)が安く売ってたので購入。部屋の壁にぶち当たるくらいぶっ飛びました。この濃厚な歌唱・空気感・バックの演奏の完璧さにぶちのめされ、すっかりはまってしまい滅多と買う事のない海賊盤まで購入し他のFame録音まで聴き漁りました。「今にCDになって出よるやろ」思ってましたが、待てど暮らせどいっこうに出る気配無く10数年。やっとこさ出たのが、'69~'73年の最良の部分を編集したこの記念すべきCDでした。改めてCDで聴いてもFameのプロデューサー、リック・ホールの音の構築は完璧で、後の録音よりキャンディのディープな歌声も見事に引き出しています。正にサザンソウルの最良の部分に触れることができます。今のR&Bでは機材の進化もあってレンジの広いエエ音ですが、反面どうしても画一的でもあります。当時は各々のスタジオやプロデューサーで明らかに個性を持った音作りがなされており“時代・地域・人間が生んだ奇跡”としか言いようのないのが南部Fame録音のキャンディなんですな。(味の招待席・桂米朝風に)
 そんな事でベスト盤となる本作は写真右の名盤1st・2nd全曲にシングル曲等をぶち込んだ驚愕の1枚。正直どっから聴いても燦然と輝くキャンディの絶唱が聴けますが、頭が眩むほど素晴らしいのが1st収録の超強力リズムナンバー「Do Your Duty」、O.V.ライトの名バラード「That's How Strong My Love Is」、上田正樹もカヴァーしていた迫力ジャンプ「Get It When I Want」。また2ndでは涙が3時間は止まらない「How Can I Put Out The Flame」、軽快さの中にも劇的な展開を見せる「Too Hurt To Cry」あたり絶句の瞬間が。そして拍手喝采なのがシングル曲「Hearts On A String」の収録で躍動感溢れる歌唱にダイナミックなフェイム・ギャングの演奏は格別の味わいです。“声のかすれこそがソウルや”という方法論でキャンディに何回も歌わしたリックですが、全編このハスキー声からのソウル感は最高で歴史的大仕事です。
「リック・ホールさん、出し惜しみしたらあきまへん。残りも全部、はよ出しなはれ!」
Get It When I Want


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

フロム イエスタディ / 桑田佳祐 * 1992 Victor | Home | I Never Loved A Man The Way I Love You / Aretha Franklin * 1967 Atlantic

コメント

おっほっ~・・。
また激渋な匂いのする一枚ですね~。
って、まだ聴いた事ありません。(汗)

でも、何と無くジャケ&ezeeさんの文面から漂う匂いが、来ますよ~。

次の茶水行きで探して来ま~す♪

2007/05/18 (Fri) 06:08 | リュウ #- | URL | 編集

ハスキーな声が何よりも好きなので(これが、またハスキーすぎてもあかんのです。いい塩梅が丁度ぐっと。)
また今回もたまらんものをご紹介頂きm(__)m


>「味の招待席・桂米朝風に」
ものすごツボでした(笑)

2007/05/18 (Fri) 20:54 | samyu #dNm2mw72 | URL | 編集

★リュウさん
 引越しするたびに、レコード・プレーヤーまで運ばなあかんかったのは殆どコノ人のせいでした。ストップかけてたリック・ホールはホント罪人です!? ローラ・リーと一緒にぜひお聴きください!

2007/05/19 (Sat) 01:01 | ezee #- | URL | 編集

★samyuさん
 「ちょうどええ塩梅のハスキーさ」
 ほんとそうなんですよ!このゴスペル経由の節回しにコノ声は無敵です。
 ツボの部分は・・なんちゅうか照れ隠しです。素人のくせに何えらそうなことぬかしとんねんという自分に対するツッコミですな。(とまた米朝風で頼んます)

2007/05/19 (Sat) 01:08 | ezee #- | URL | 編集

>ベスト盤となる本作は写真右の名盤1st・2nd全曲にシングル曲等をぶち込んだ驚愕の1枚。

ええっ!そうなんですか?
買います、買います!
Sanctified Soulもあわせて買います!

2007/05/19 (Sat) 08:07 | akiko #- | URL | 編集

★akikoさん
 いや~そうなんですよ!
このCDが出たときの興奮は忘れません。なんせ全然興味の無い部下にトクトクと話しちゃいましたから・・

2007/05/20 (Sun) 01:03 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ