FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.05
13
Category : Atlantic, Stax
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
15849649_.jpg
 
母の日です。己の近年はその日に向けた企画とか商材探しに奔走ばかりで情けない限りですが、たまには感謝もせなあきません。古くは日本の母といえば京塚昌子、岸壁の母は二葉百合子、そしてソウル界の母といえば思い浮かぶのは“Queen Of Soul”ことアレサ・フランクリンです。昔「痩せたみたいね~お母さん♪」ってな歌がありましたが、見る度にたくましく巨大化してきた何とも頼もしいアレサ。一時引退説とかも出ましたが、今でも歌・ボディともに迫力満点で嬉しい限りです。さて名盤の多いアレサなのでまた得意のベストでもって思ったんですが、しばかれそうなので最も評価も高いアトランティックでの第1弾にして名作のコレです。最初Jazzyに売ろうとしてコロンビアがよう売らんかったので、かねてから目をつけていたアトランティックの功労者ジェリー・ウェクスラーが「ワシに任せとけ!」といって制作したのがこのレディ・ソウルの雛形みたいな本作です。サザン・ソウルの聖地といえる数多の奇跡的録音を生み出したマスル・ショールズのフェイム・スタジオの面々と引き合わせたところは、さすがジェリーです。天才アレサの資質を見極めた、天晴れな売り出し成功です。
 中身は当時アレサのイメージを決定づけたと言われる躍動感溢れる大ヒット「Respect」でスタート。御存知オーティス・レディングの名ジャンプ・カヴァーですが、別の曲に生まれ変わったといっていいくらい自分のもんにしています。姉妹によるコーラスやキング・カーティスによるサックス・アシストも絶妙でソウル・シンガー“アレサ”ここにありって感じです。(余談ですが大黒摩季がデビュー前の企画盤「ロイヤル・ストレート・ソウル」でアレサ版を参考にした鳥肌もんカヴァーを録音してますが、違う路線でのデビューとなり少々がっかりでした。)そして避けて通る事のできない南部録音の大傑作スロウ「I Never Loved A Man」に「Do Right Woman-Do Right Man」です。ドラマティックにゴスペル唱法を決めるアレサに、最高の絡みを見せるフェイムの音。完璧とはこの事です。他にも重厚バラード「Baby, Baby, Baby」、洗練したセンスの自作曲「Don't Let Me Lose This Dream」、格好良く自己流で迫るサム・クック・カヴァー「Good Times」、「A Change Is Gonna Come」と真っ黒けの力作揃い踏みです。現行Rhino盤はオリジナル・モノ・リマスターに加え、クリアなステレオ・ヴァージョン(3曲)収録の得用盤!
「いまやソウル界の母。母とは存在に感謝するもんとつくづく実感。」

Do Right Woman - Do Right Man


respect


Comment

非公開コメント

おはようさんです!
久々ですが、アレサの記事読んで、
前半ほくそ笑みました。笑)
巧いなーー。
ezeeさんのこういう文章好きですねー。
母の日にほんと、相応しい1本です!

かっこいいですわぁ~~~。
朝からええもん見せてもらいました。
JBまで。

これはマズイっしょ。(笑)
大好きなアレサ姐さんではないですか!
もう、特に、このアルバムは擦り切れるくらい聴いています♪

もう何も言うことありません♪

とっても・・・

濃い映像でした(笑)
アレサはあの体型だから、声が軽々と出るんですかね。
やっぱり、歌、上手すぎ♪
あの、最近この背景、気が散るんですが・・・(笑)

★JJさん
 ちょっとふざけすぎでしたかね~
久々に母に会って迫力ある関西系の喋りを堪能し、なぜかアレサになっちゃいました。いつまでもソウル界で幅きかせてほしいもんです!

★samyuさん
 朝からは、ちと濃かったですかね~
この'80年代半ばのライブ映像はJB主催のショーでピケット、ロバート・パーマーなんかも出演していてソチラも必聴もんのパフォーマンスが楽しめます!

★リュウさん
 まいどっす。ほんまに名曲アホほどありますよね!アレサは自分がサックスで参加してたバンドでよくやってまして雰囲気だすの難しかったです。

★Nobさん
 張りのある声はほんと素晴らしいですね~。もし同じ部屋で生歌聴いたら鼓膜やぶれんのんとちゃうかと思うくらいの迫力ある声量やと思います。
 テンプレートは夏向ファンク仕様で気に入ってるんですが男性向きすぎたっすかね~!?

>いまやソウル界の母。母とは存在に感謝するもんとつくづく実感。

いや~、これ名言。メモしときます。
しかもこの映像最高。JBに導かれてこの曲を歌うとは。背中のお肉がはみ出てても気になりません。

★akikoさん
 何が名言なもんですか!?
寝る前の思いつき丸出しじゃないですか~
しかしこの'80年代の映像、これから「さらにに倍!」って感じで怪獣化してますよね。ん~お母さん、やっぱ素晴らしい!

こんばんは!
お邪魔します(^^)。
アレサは、私はブルース・ブラザースの映画で知ったので、シンクが一番好きなんですけど、このアルバムはまさに王道ですよね!
最高です!
ところで、アレサは日本に来ることはないのですかねえ?
是非、一度生アレサを体験してみたいです(^^)。

☆ 波野井露楠さん
 おおきにです!
 アレサはアルバム毎にキラーチューンが
 ビシッと入ってますので、その日の気分で
 ベストは変わっちゃいますね~
 そしてツアー嫌いのアレサ(らしいっす)
 この島国には来ることは無いんでしょうね~