FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Conversations With Queen / Queen Pen * 2001 Motown

B00005J9UF_01__AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

テディ・ライリーが全面バックアップで'90年代後半に登場した、フィーメール・ラッパー。テディが手掛けたスパンダー・バレエの大ヒット曲使用のメロウ・ラップ「It's True」なんかのイメージが強烈でしたが、結構骨っぽいとこもあって思ってたよりハズレではありませんでした。全体的にはR&B感覚で聴くことができる非常にキャッチーなHip Hop中心(ゆうたらソルトン・ペパみたいな感じ)で、肝の据わったPen嬢のフロウもまたよろしいもんです。欲しいと思ってたら暫くしてハンバーガーくらいの値段で投げ売りしてたので思わず購入しましたが、打ちこみ主体のなかなか心地良いトラックも多いこの2ndは今でもたまに聴くとエエ感じで聴けちゃいます。
 さて中身の方ですが、やはりスパンダー・バレエのトゥルーをもろに使った「True」が最高で、MTV登場期の当時、シングルまで購入したお気に入りメロウナンバーの使用は結構興奮でした。実は1stアルバムからの同曲収録という禁じ手ながら何食わぬ顔で違和感なくスッポリ収まってます。Vo部分にチコ・デバージが客演した再演で、ペン嬢の淡々とフロウするラップも素材の良さをしっかり活かしたナイス・トラックです。またボブ・マーリーの息子達、マーリー・ボーイズもツボを押さえたトラック提供でペン嬢も見事に応えます。なんと親父さんのナッティ・ドレッド収録の名作同タイトル曲からの大胆な引用が素晴らしい「Revolution」、ダンクラ“I'll Do Anything For You”使いの「For You」と非常に気合の入った出来は大満足です。他ではラフ・ライダーズ的なトラックとかは正直しんどいですが、ステッツァソニック使いの「QP Walks」、Miss Jones参加の攻撃的な「Ghetto Divorce」、好調時のブラック・ストリーツを想起させる御大テディ手掛ける「I Got Cha」、D/R Periodが緊張感溢れるトラック構築の「Cold Cold World」あたり貫禄バッチリのペン嬢のラップもえらい格好良いです。
「荒井注が生きてたらThis Is A Pen ! と販促して欲しかった1枚」

Queen Pen - It's True


Comments 2

ピタ

これ、ジャケットだけはよく見たことがあって
どんな内容なのかな~って気になってたんですけど、
聞きやすくてなかなか良さそうですね♪
自分もハンバーガー価格で見つけたら買ってみようかと思いますw

2007-07-23 (Mon) 10:54 | EDIT | REPLY |   

ezee

★ピタさん
今では缶ジュース価格のこのアルバム。
まずいジュース飲むよりよっぽど美味しいツブツブ入りです。
コストパフォーマンス高いっすよ~

2007-07-26 (Thu) 02:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply