FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

In Search Of... / N.E.R.D. * 2002 Virgin

med_5771.jpg

 バリバリのHip Hopサウンドを期待したら肩すかし間違いなしのN.E.R.D.の出し直しアルバム。何しろフットワークの軽さが最高でロックっぽくもあり、ファンク的であったりで「もう何でもかまへんわ」と最後には思える痛快極まりないサウンドが散りばめられてます。やっぱネプチューンズの2人がメンバーでもあったりするので、Coolなループ・サウンドが来るもののと先入観を持って最初聴いたんですが、何とバンドサウンド中心で当初戸惑いました。スパイ・モブってバンドが殆ど演奏を担当してまして、彼等が手となり足となり理想のサウンドを体現します。最初のは打ちこみ盤は未聴ですが、この異色と思える音も何回も聴いてると実にネプチューンズらしいヒネリある音やとしっかり感じられニュートラルの状態で接するのが一番です。一言でいうと「おもろい」ってことで、頭固い人等やったら絶対こんなの出てこないって感じです。
 頭からLee Harveyをフィーチャーしたヘヴィ・ファンク・リフが最高な「Lapdance」で迫力満点です。この調子と思いきやアシッド・ジャズみたいなギター・カッティングも上手くはまる「Things Are Getting Better」、再びヘヴィなリフが決まる「Brain」と心地良く振りまわされます。中盤もまったり調からボサ・ノヴァ風に変化する曲調も面白い「Provider」や、Kelis and Pusha Tも参戦するメタル・ファンク「Truth Or Dare」、疾走感溢れる展開が実に気持ちええ「Tape You」、ブラコンチックなエレピも最高で最もメロウな「Run To The Sun」と飽きる事ない展開が続きます。後半にもシリアス内容でサビも実に印象的な佳曲「Bobby James」、ビートルズのストロベリー・フィールズ~を思い出さずにいられないメロトロン・フレーズに強烈スネアのコンビネーションが絶妙極まりないラスト曲「Stay Together」とジェット・コースターのような流れがたまりません。ファレルの歌もコレはコレでOKです。
「これからも予想不可のエエ裏切り、なんぼでも期待しまっせ」
Things Are Getting Better


Comments 0

Leave a reply