FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

My Soul / Maria * 2003 Dreamworks

maria.jpg

モニカ1stの亡霊というか・・「Before You Walk Out Of My Life」の呪縛から逃れられない私にとってソウルショックが手掛けたTeen系R&Bシンガー登場となると買わずにいられません。甘酸っぱくも腰の効いた「アノ心地良さ」は、素晴らしい交わりを味わった後にまた少し違った形で追い求めてしまう「アノ感覚」の欲求と似たようなもんです。(←なんのこっちゃ)
 てなわけでこのマリア嬢。もともと北欧出身で地元人気はあったらしくアメリカ進出盤としてコレが出たようです。声のカスレ具合・適度なコブシなどソウルショック印としては合格点です! ひとことで言えば、ソウルフル涙声系。アタマの「Lonely」では、ブランディっぽい感じもしますが、十二分に耳を惹きつける声力を見せつけます。相棒のカーリーン氏も制作に加わったゴールデンコンビによる1stシングル「I Give You Take」はサビが印象に残る佳曲。適度なループ感がカッコいい「Nowadays」や「Coffee in Bed」もソコソコいける感じですが、ミディアムの「You,Me & She」なんかがマリア嬢の本領発揮といえるベスト・マッチングな好曲。ただし、抜きどころはストリングスも効いたスローで情感たっぷりの「Intoxlcated」。コレは単純に名曲! 「アノ感覚」を想起させます。サウンドプロダクションは流石でどれもエエ感じですが肝心の曲が・・ 全体的に砂糖、大さじ1杯足らん感じなのが惜しいトコロ。
「もうちょっとキャピっといこか。なあ、ねえちゃん!」って具合ですわ。

I Give, You Take


Comments 0

Leave a reply