The Chess Collection / Laura Lee * 2006 Chess

Southern & Deep
laura chess



 正に待望の1枚となったローラ・リーのチェス時代録音。学生の頃、「Up Tight Good Woman」っていう最強の2枚組LPを購入して部屋が涙で溢れて以来、女性ソウルシンガーっていえばコノ人とキャンディ・ステイトンとグラディス・ナイトがベスト3です。出目金ちゃんみたいな顔した愛らしい顔して、なんとディープで濃厚な味わいなんでしょう。実は商業的最盛期はホット・ワックス時代の強き女性を歌った頃なんですが、アルバムもまともに出してないこのチェスでの楽曲があまりに素晴らしく正直霞んでしまいます。曲良し、声良し、演奏良しの太鼓判です。17~8年前、この時期をまとめた「Love More Than Pride」っていうCDが我が国でも出てたんですが貧乏やった為レンタルで済ませたもののいざ買いたいと思っても後の祭り。「どうせまた出るやろ」と思って十数年経過しやっと出たのがこのリマスター盤でした。シカゴで生まれ幼き頃から教会で唄いたおし、ゴスペル・グループ「メディテーション・シンガーズ」で鍛えた後、満を持してソウルシンガーとして開花したのがチェス録音であり、ハスキー且つ強靭なヴォイスで情熱的に歌い上げる様は唯一無二です。録音は主に60年代後半南部マスル・ショールズのフェイムとシカゴですが、特にフェイムギャングとの相性は抜群で奇跡としか言いようの無い天晴れな内容です。
 中身はやはりスロウが強力で地震でもきたのかと思うほど体が震えることうけあいです。他の男への愛を切々歌った「Another Man's Woman」、ゴスペルチックにオルガンも決まる「It's All Wrong But It's All Right」、カーティス・メイフィールド作の「Need To Belong」、後半のド迫力シャウトがもうたまらん「Dirty Man」、オーティス・クレイの名唱で知られる「That's How It Is」、劇的なシカゴ録音も絶品の「Love More Than Pride」、クラレンス・カーターも作者に名を連ねる「A Man With Some Backbone」、世紀の傑作としか言いようの無い「Hang It Up」、ダン・ペンの有名曲で途中の語りも最高な「Uptight Good Man」などケチのつけようが無い傑作がズラリ。また凄いのがリズム・ナンバーでゴスペル改作の「As Long As I Got You」、シャッフルにも心地良く乗る「She Will Break Your Heart」あたり張りのある声がハートに突き刺さります。惜しむらくは本盤が表記より1曲少ないミス・プレス(4曲目欠落は俺のだけ?)なのと、LPより曲が少ない事。
「こんなん聴かされたらチェス完全版を切望しちゃいます。どっかやっておくんなはれ」

Hang It Up


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Keep Reachin' Up / Nicole Willis And The Soul Investigators * 2006 Timmion | Home | I'm In Love / Wilson Pickett * 1968 Atlantic

コメント

What is The FAME GANG?

FAME GANG とはいったい何だったのか?・・・というのが,僕のブログのテーマの一つだったりするわけですが・・・(^_^;)

4曲目が欠落しているのは,名盤 "Love More Than Pride" に,"She Will Break Your Heart" が "She Don't Love You" という間違ったタイトルで収録されていたことのなごりです。

2007/01/23 (Tue) 07:26 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集
おおきに!

じつはPitifulさんの記事を見てすぐにコレ買いました。
色々ありますが、コレは出ただけで正直嬉しかったです。
でも「Dirty Man」のalt Takeなど聴いてしまってるだけに
全部をKentあたりにコンプリートして欲しいっすね~

2007/01/24 (Wed) 01:08 | ezee #- | URL | 編集

P-VINEが昔、CHESS ON P-VINEと銘打って埋もれた名盤を沢山と解放してましたね。
あの当時、ロウラ・リーのホットワックス時代のは手に入りやすかったがCHESS時代のは、○万円してたと記憶。
久々にターンテーブルにのせました 

2007/01/25 (Thu) 21:48 | まさ #- | URL | 編集

★まささん
 Chessの再発はブルースばっか充実していて、ボ・ディドリーや
’60年代後半のソウルの名演の数々が手軽に聴けないのは
よろしくありません。しかしローラ・リー、~万もしとったんですか!
当時、普通に定価で買えて良かったです~

2007/01/26 (Fri) 01:45 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Laura Lee "The Chess Collection" [Chess 983 229-4]1. Mama's Got A Good Thing2. Another Man's Woman3. It Ain't What You Do (But How You Do It)4. She Don't Love You5. It's All Wrong But It's All Right6. Need To Belong7. Dirty Man8. But You Know

2007.01.23 (Tue) 07:29 | R 'n' S & B + c
このページのトップへ