FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Marlena / Marlena Shaw * 1972 Blue Note

Marlena.jpg

 古くは'60年代からカウント・ベイシー楽団のシンガーも務めたジャズ・ヴォーカリストですが何といっても有名なのは1974年のモンスター・アルバム「Who is this bitch, anyway?」。コチラは絶対必需品ですがちょっと前に出たブルー・ノートでの第一弾となるこのアルバムもなかなか捨て難いアルバムです。やはりこの人の魅力は非常にゴスペルチックな力強い歌声や唱法にありますが、ともすればちゃらんぽらん大西あたりに「ちゅう~とはんぱやなぁ」と突っ込まれかねないスタンスが誤解を招いているようにも感じます。というのはジャジーなスタイルでもソウルやR&B的なスタイルにも適合して、それぞれ名演があるからなんでしょうな。でもそんな事は関係ございません。こういう貪欲な立ち位置にいたからこそ、彼女が光り輝いたのですから。
 さて中身ですが説得力抜群の上手い歌唱に聴き惚れるスロウ「What Are You Doing The Rest Of Your Life」でスタート。そしてフィーリーっぽいストリングスがたまらん「Somewhere」、キャロル・キングの名曲の秀逸カヴァー「So Far Away」、ゆったりとグルーヴする「I'm Gonna Find Out」とレディ・ソウルファンも狂気乱舞の傑作が連なります。またカヴァーではアレサの「Runnin' Out Of Fool」やマーヴィンの「Save The Children」ってのも収録。一方ジャジーな趣きではレンジの広い声が素晴らしい「You Must Believe In Spring」、ブルージーに迫るホレス・シルヴァーの「Wipe Away The Evil」と圧倒されます。最後にはサザン・ソウルさえ感じさせる「Things Don't Never Go My Way」で何とも粋な締め。
「後のスタッフのメンバーが絶妙のサポート。皆ええ仕事してまっせ」

Comments 6

さよなら人類

勉強になります。

最近見させてもらってます!ちゃんと聞き込んでて凄いと思います。ここで見たのを俺も聞いてみようかと思います。

2007-01-08 (Mon) 03:33 | EDIT | REPLY |   

ezee

★さよなら人類さん
 おおきにでございます。
 音は手に入れた以上、元取る気持ちで聴いてしまいます。
 ほんなら何かカッコええ部分が聴こえてくるって感じです。
 でも結構その日の気分なんで、たいした事書けません・・
 ではまた、よろしゅうたのんます!

2007-01-08 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Kinta

素晴らしい・・・

↑いやいや、素晴らしいレビューですよ!
絶対必需品は、かなり聴き込んでいたのですが、その分、このアルバムは、おざなりになってました^^;;
もぅ一度じっくり聴いてみます。

2007-01-09 (Tue) 00:13 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Kintaさん
 いやあ、この人の張り上げた声好きなんですよ。
 ほんまに聴きほれてまいます。
 欲を言うなら、David.Tがコレにも参加してくれてたら
 なお良しって感じのスルメ盤です!

2007-01-09 (Tue) 01:42 | EDIT | REPLY |   

リュウ

マリーナ・ショウ/ライヴ・アット・モントルー を最近Getしました。
この人”声”がいいですよね。
お薦めのコレ、まだ未聴ですので、
今度聴いてみます!!

2007-01-09 (Tue) 09:13 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 ライヴ盤ですか!そちらはワタクシ未聴でございます。
 じっくり聴いてみたいすな~

2007-01-10 (Wed) 00:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply