Once Again / John Legend * 2006 Sony

00's Male R&B
B000HCPWZO_01__AA240_SCLZZZZZZZ_V37367501_.jpg



 スモーキーな声にソウルフルな歌い廻しが実にかっこええジョン・レジェンド氏。いっぱい賞を取ったデビュー作は古き良きソウルとヒップホップのざらついた質感がうまくブレンドされていて非常にグレイトな1枚でありましたが、その前作の立役者カニエ・ウエスト御大は今回ちょっと引き気味でよりストレートなサウンドが押し出されたブツになってます。まぁどんな音にせよ、声質自体がクールさ満開のウェルカム・ヴォイスですので聴いてて気持ち良いことには今回も変わりありません。ただ器用な人っぽいからアレもコレもってなっちゃうんでしょうが、一部の曲では好みやないアレンジやコード展開の曲もチラホラあったりもします。
 まず1stカットとなった「Save Room」ではBlack Eyed Peasのウィルが手掛けており、淡々と進む曲調にニュー・ソウル的アレンジとロック風味のギターが重なる佳作。今回ウィルは他にもフォートップス引用のグルーヴィーな「Each Day Gets Better」や'60sシカゴソウルの香りプンプンの傑作「Slow Dance」もプロデュースする活躍です。これは結構なグッジョブです。またカニエ氏プロデュースとなるミディアム「Heaven」は割と前作に近い質感でCoolなトラックも光ります。中盤に登場する「P.D.A.」もスティーヴィー・ワンダーっぽいミディアムで実に気持良い展開ですが、そのあとのピアノマンらしい上品な作品はちょっとしょーもない流れでいただけません。しかし終盤に登場するフリーソウル的なグルーヴの「Another Again」、ストリングスが感動的にアシストするスロウ「Coming Home」、メロウなボートラ「Out Of Sight」あたりは地味ながらストレート且つソウルフルな流れで最高です。日本盤ボートラでは他にもSergio Mendesとやった「Please Baby Don't」も収録。
「睡眠不足で聴いても、優しいまろやかなサウンド。癒しにもなりまっせ。」

Slow Dance


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Ballads / James Brown * 2000 Polydor | Home | Snowflakes / Toni Braxton * 2001 Arista

コメント

コメントありがとうございます

お返事、遅くなりました。
Jhon Legend 私も大好きです♪
着うたにしています。

2006/12/23 (Sat) 10:12 | らん☆彡 #tKMww6wg | URL | 編集
実は、

私は、2nd派です。1stのカニエ色がちょっと・・・だったので。
これは、愛調しています。
ジャケも、なんか引かれるものがある!

2006/12/23 (Sat) 11:01 | 1-SHOW #1XLCEuoo | URL | 編集
タイプミス

愛聴です
ごめんなさい

2006/12/23 (Sat) 15:10 | 1-SHOW #frFvnjy2 | URL | 編集

★らんさん
 声自体、気持ちイイっすね。
 しかし着うたであるんすね~

2006/12/25 (Mon) 16:55 | ezee #- | URL | 編集

★1-Showさん
 ほんとジャケもエエ雰囲気ですね~
 ストリートカフェでピアノ弾いてるって感じですかね?
 私はカニエ色も好きだったので、半分くらいは
 残して欲しかった!

2006/12/25 (Mon) 16:58 | ezee #- | URL | 編集

Each Day Gets Betterは
マスターしました。
僕も2nd派です。

2007/01/03 (Wed) 17:00 | gari-gari-kun #- | URL | 編集

★gari-gari-kunさん
 今回はウィルの参加で救われましたね~
 悪かないんだけど、本格派ソウルオンリーの調子で
 全編いっちゃうと退屈な感じでしたもんね。
 しかしエエ、アルバムですな!

2007/01/05 (Fri) 00:16 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ