Love Starved Heart / Marvin Gaye * 1999 Motown

Motown
s-s-image.jpg



 モータウンって会社はえげつなくアーティストを酷使してたのか近年になってもアンリリースドもんがジャンジャン出てきますが、そのクオリティの高さには驚愕の連続です。マーヴィンも例に漏れずコンピやら何やらで度々登場ですが、これは'60年代の溌剌デトロイト・モータウンサウンド時代の未発表曲集で「スタボン~」から「M.P.G.」あたりのテイストが好みならバッチリの音が詰まってます。でも本人が死後の発売を考えると本人的にOKテイクなのかどうかは知る由もありませんが、こんだけ内容が良いと本人も「かまへん、かまへん」と言ってる気さえします。マーヴィンといえば「What's Going On」とか「Sexual Healing」ですが、髭を生やす前のハンサム青年期も中々のシャウターぶりで捨て難い魅力があります。
 さて中身は1曲目「It's A Desperate Situation」から“よっしゃ~”とガッツポーズがでるナイスチューンで、ヒット曲「You」を彷彿させる高品質さです。コレと「It's A Lonely World Without Your Love」は元々デヴィッド・ラフィンに書いた曲らしいですがマーヴィンも実にカッコよく歌いきってます。また「I Found Something」や「Lucky Lucky Me」、「Hanging On」あたりは初期モータウンサウンドに乗ってやや荒っぽいシャウト・スタイルも冴え渡る良作。「When I Feel The Need」、「Dark Side Of The World」はタミー&マーヴィン作品でおなじみのアシュフォード&シンプソン作の傑作でこの辺なんかなんでお蔵入りやったのがホンマにわからんくらいです。他にも、曲後半にサム・クックのフレーズも飛び出す「Darling You're Wonderful」、オリジナルズとの強力タッグでの「You're The One」、ヴァンデラスをバックに従えた甘酸っぱい「Just A Little Love」など単なる寄せ集めや無いことをまざまざと見せつける素晴らしさです。
「初めてマーヴィンを聴く人がコレであっても問題無しって思うくらい高品質。嘘ちゃいまっせ」
It's A Desperate Situation


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Where Did Our Love Go / The Supremes * 1964 Motown | Home | Love Is A Merry-Go-Round / Ginji James * 1971 Brunswick

コメント

こんにちは。後報告ですけどリンクさせてもらいましたm(__)m
「嘘ちゃいまっせ」に説得力があるわ~。

2006/12/02 (Sat) 09:07 | samyu #- | URL | 編集

最近の再発モノの充実ぶりについていけません・・・。(涙)
ハズレもおおいですが、良いものは本当に良いですもんね♪
これもいい!!というか聴いてみたい一枚ですよ。
自分のチェックリストに登録しました!!

2006/12/02 (Sat) 22:11 | リュウ #- | URL | 編集

★samyuさん
 いやぁほんまなんですわ これが・・
 てなわけでリンクさせてもらいました!

2006/12/03 (Sun) 00:38 | ezee #- | URL | 編集

★リュウさん
 正直、充実レンタル店→i Podで擬似購買気分で
 聴かないとついていけません。
 1枚150円くらいでしたら失敗もOKですわ!
 それでも金も無いのに、生まれつきの“使いたい病”で
 ついつい買って飲んでって、やっちゃいますぅ。

2006/12/03 (Sun) 00:45 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ