音系戯言

ARTICLE PAGE

The Cream Of Eric Clapton * Polydor 1987

clapcream.jpg



音楽を好きになると真似したくなるわけで、中学時代なんか友達とエアギター合戦(主に銀蝿とかRC)をよくアホみたいにやってました。しまいに女の子にもギター弾けるとか嘘ついて「嘘から出た真」でE.ギター買うハメになるわけですが、そうなると兄が持ってた“神様”と言われる人も真似せなあかんと考え始めます。そうクラプトンです。その頃は兄の仲間に洋楽通が多かったので「Money And Cigarettes」とか「武道館ライブ」とか労せずしてカセットで入手でき無茶苦茶ながらよくコピーしましたが、やはり最高にカッコよくて真剣にギタリストとして細部までコピーしたのは「Crossroads」です。最初、伝説のバンドCreamを1枚は聴いとかなあかんと思い立ち、なけなしの金をはたいて名盤とされていた「素晴らしき世界」を買いますがお子様な私にはちっとも理解できないダラダラしたインプロビゼーション中心の演奏はエラく退屈に感じ「金、損した」とマジで思いました。理由は明白でアナーキーやモッズ、ストーンズのエモーショナル・レスキューなんかのソリッドなロックを通過した体には食い合わせが悪すぎたんですな。しかしそんなハズレ盤(クリームファンの方、失礼!)の中で燦然と輝いていた唯一の曲が「Crossroads」で4分の中にロックギターのカッコ良さが全て凝縮されているといって過言ではありません。コレだけ録ってレコードは人にあげちゃいました。時が経ち大学で下宿となり、クラプトンをチョイスして下宿先に持っていこうとしたら兄貴に「しばくぞ」と言われ泣く泣く買ったのがこのベスト盤でしたが、ジャケも中身も渋く今でもお気に入りです。
 曲は名曲「Layla」に始まり「Crossroads」は勿論「Badge」、「Strange Brew」、「Sunshine Of Your Love」などのグループ時代から、自身最も愛聴したレイドバック期「I Shot The Sheriff」、「Lay Down Sally」、「Knockin' On The Heaven's Door」、「Promises」など代表曲が一通り収録。またMoney and~からも傑作「I've Got A Rock'n Roll Heart」や'80年代の代表作「Forever Man」なんかも上手に選曲してあります。今も同タイトルで擬似商品が売ってますが激シブジャケも選曲も変わっちゃって少々残念です。
「初めて拝んだのは、青空の下今は無き大阪球場でマーク・ノップラー&エルトン・ジョンを引き連れてきたクラプトン。やっぱ神様でした。」
Crossroads


Comments 4

リュウ

ezee さん

今更で、申し訳ありませんが、リンク貼りました!!
これからも宜しくお願いします♪

2006-11-18 (Sat) 06:27 | EDIT | REPLY |   

ezee

りゅうさん おおきにです!
こっちからも貼っときます。またよろしく~

2006-11-19 (Sun) 03:39 | EDIT | REPLY |   

samyu

あぁ好きな曲がたくさん。「「Layla」はもちろんなのですが(長く私のメール着信音でした)「I Shot The Sheriff」などなど。
クラプトンの話題と同じく私がツボにはまったのは、
>兄貴に「しばくぞ」と言われ
でした(笑)関西人としては目に浮かぶような光景です。

2006-11-19 (Sun) 12:49 | EDIT | REPLY |   

ezee

samyuさん

クラプトンってギターもええんですが歌も最高ですもんね。
別にGソロなんか無くてもエエ曲いっぱいです。
でもI Shot The Sheriffなんかライブ盤でえげつなく
素晴らしいGソロ弾いてたりするからまた凄いんです!

2006-11-20 (Mon) 02:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply