FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

CrazySexyCool / TLC * 1994 LaFace

384230_170x170.jpg



 ついこの前買ったと思ってたら、既に10年以上経過していたTLCの大出世作となる2作目。普通は新譜でも急いで買うってことはあまりしませんが、前作のデビュー盤があまりに素晴らしかったので発売して即行で買いに行ったくらい期待度が高かったのがコレです。だいたい女性Voグループは好きなほうですが、これだけキャラが立ったグループは他に見あたらんくらい各々が魅せてくれました。Coolな独特低音ヴォイスのT-Boz、色気ある歌唱がたまらんChilliに、この人無くては始まらんRap担当Left Eyeと分かりやすい最高の役割分担でしたが、惜しくも事故で亡くなったLeft Eyeがグループ最大の魅力でTLCの象徴的存在であったとも思います。何せこの人のラップパートになると一気に曲のヴォルテージもあがる気さえするくらい華を持った存在やったんすな。
 さてこの2ndはミディアム中心にT-Bozを軸に据えた名曲が多く、1stとは違った良さが満載です。まずはDallas Austin快心の一撃といえる「Creep」はSlick Rickネタ使いのざらついた感覚にやられます。続くJermaine Dupriの手掛けた「Kick Your Game」もブリブリ感がたまらん最高のミディアムとなっていて、3人のワークシェアも絶妙のバランスです。Dallasは「Case Of The Fake People」でも最高のトラックを提供していてT-bozのCoolすぎるヴォーカルもピシャリとはまります。そしてパフィーは殿下プリンスのカヴァー「If I Was Your Girlfriend」を原曲の良さを損なわない大満足の出来で提供。後半にもDupriはスタックス名作Mr.Big Stuff使いの「Switch」を提供しLeft Eyeもエエ感じで弾けます。勿論メガヒットとなったBabyface印の美メロが見事な「Diggin' On You」や、流れまくったPVも印象的なOrganized Noizeの名仕事「Waterfalls」も聴き逃せません。そんなことで10年以上経った今もビカビカ輝いてる曲が多数収録のアトランタの底力を見せつけたアルバム。
「Left EyeとO.D.Bの死は今でも悔やみきれません。楽しみが1個減った感じ」

Creep


Waterfalls


Comments 1

yoshiyam

コメントとトラックバックありがとうございました。初めてこちらに伺いましたが、とても楽しいサイトですね。これからもちょくちょくお邪魔します。

私もCrazySexyCoolは発売と同時に買いに行きました。たしかあの頃は輸入盤のほうがちょっとだけ早く入荷されていて、それを買ったような記憶があります(不確かですが)。今でも変わらずお気に入りの一枚です。

2006-10-30 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply