FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

I'm Real / James Brown * 1988 Scotti Bros

0057362521322.jpg

それにしても最高のアルバムタイトルです。サンプリング文化が定着しつつあった頃、正に色んな形でおっしょさんの過去の音源が切り貼りなされる中、声高らかに「わしがホンマもんや」と宣言したアルバム。初期のHip Hopは今と違って、無法地帯の中で過去のおいしい音源を無断でループしていたので本人も腹立つやら嬉しいやら複雑やったんやないでしょうか。確かにJB音源のHip Hopはカッコええのが満載ですが「すんまへん。ちょっと借りまっせ」の一言が無いと礼儀に欠け気分もええことないですわな。しかしHip HopがJBの格を上げ若年層まで知らしめたのは紛れも無い事実で、Hip Hop初期の功労者Full Forceとがっぷり四つで作ったこのアルバムは打ち込み時代以降のJB作品としては未だに最高峰と確信しております。近年は色んな先鋭のクリエイターとコラボはするものの、自身の作品での中途半端さは否めないのが多いですがコレは別。時代とJBがビシーッとシンクロした興奮のアルバムで、Full ForceのJBに対する「愛」もRealであったということやと理解してます。
 中身は自らのサンプリングやスクラッチを取り入れた痛快なもので、前作のGravityなんか屁みたいに感じる素晴らしいものです。Full Forceのアカペラ「Tribute」から、“偽者は消えうせろ”と睨みをきかす御大が頼もしい大傑作「I'm Real」で全盛期同様の緊張感が張り詰めます。このヒップ・ホップ的アプローチに本人自ら擦り寄った歴史的マジック。賞賛モノです。そしてレコード針ノイズもスリリングな「Static」、名作Soul Powerのベースラインを用いた「She Looks All Types A' Good」、Maceoのアルトも炸裂する「Keep Keepin'」と興奮の連続間違いなしです。なぜか従来スタイルの「It's Your Money $」が1曲浮いてますがご愛嬌。
「この緊張感こそJB。また旬のプロデューサーと気合の1枚を望む!」

James Brown Whit Full Force - I'm Real


Comments 4

リュウ

ご無沙汰です・・・。
このアルバムはカセットから持っていて。今でも愛聴してます。
そう、Funkの流れの乗ったHip Hopの感じが、良く出ていて、
実は、密かな名盤と思ってます!!

J.Bやるじゃんという感じ♪

2006-10-26 (Thu) 07:27 | EDIT | REPLY |   

ezee

マジでこれ最高ですよね。
Hip Hop世代の連中に、「よっしゃ俺が手本、見したろ」
って感じで。
 ネプチューンズやカニエ辺りとまた一発かましてほしいっすね!

2006-10-26 (Thu) 23:47 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

やばいっ(^^;)。
「Gravity」最高…みたいな記事を書いてしまいました(笑)。4曲目の「ターン・ミー・ルーズ,アイム・ドクター・フィールグッド」が大大大好きなんです~(^^;)。
どうぞ、「あまーい!」とぶった斬りにきてください(^^;)。
あ、この盤、もちろん大好きです(^^;)!!
TBはやはり失敗しました(汗)。

2008-12-27 (Sat) 16:19 | EDIT | REPLY |   

ezee

★波野井さん
 いやいや、Gravityも普通でいったら大売れした復活の名作ですよ。私も「Turn Me Loose~」最高で、瓜二つの曲を作ってバンドで演ってたくらいですから。ただ私には「I'm Real」が凄すぎた!王選手のホームラン前に打った張本の2塁打(←古い)に見えてもうたんですわ~
しかしTB、どうもあかんみたいっすね。残念!

2008-12-28 (Sun) 02:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply