FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Beggars Banquet / The Rolling Stones * 1968 Decca

rollin-beggar_18.jpg



いわずもがなの名盤です。まずジャケットが違う!と突っ込まれそうですが、私の二十歳前まで私にとってベガーズはこのジャケだったのです。シンプルな筆記体文字のみのジャケに、中開きにはブライアン・ジョーンズを含む何やら不気味な雰囲気の晩餐会といったメンバーの写真。このイメージが好きで未だにこのアルバムのイメージはこのジャケです。ちなみに80年代後半になって変更された“トイレの落書き”ジャケが当時差し止めになったオリジナルジャケのようです。が多感な中高生の時期ず~っとこのLPで聴いてきたもんですからお許しを。またこの頃の発売元のロンドンレコードはDecca時代音源を日本・英国・米国それぞれで出ていた仕様で訳の分からん編集盤まできっちり発売していて凄かった。その中でどれを買ったらイイのか分からず、いつもレコード屋で混乱に陥りつつも、なんか選択肢が多くワクワクしたもんでした。
 閑話休題。語られつくしたこの名盤ですが、ブライアン・ジョーンズ最後の参加となったアルバムで現在のストーンズの雛形となったモノといえます。何といっても頭の「Sympathy For The Devil」。Mickによる当時の世相を映した歌詞も素晴らしく、パーカッション、Keithの稲妻ファズギター、中ジャケの雰囲気そのままの不気味なフーフーコーラス、そのどれもが完璧です。続くブライアン・ジョーンズ最後の名仕事といえるスライドギターもキラリ光る「No Expectations」、「Dear Doctor」あたりまで極上の仕上がり。また「Prodigal Son」からの後半も素晴らしくマジでいっときアホみたいに聴いてました。特に英国民謡風の「Factory Girl」から、労働者賛歌の大名作「Salt Of The Earth」の流れは鳥肌が避けられません。地の塩と題されたラスト曲ではキースの力強いアコギストロークからLet's Drink To The Hardworkin'People~と自ら歌いミックへバトンタッチ。言葉では言いようのない素晴らしい構成です。まぁストーンズとしては珍しく全編アンプラグド調ですが、そんな事は関係なく強力なアルバムです。米国南部のブルースやカントリーを見事に消化して、とてつもない大仕事をやらかしたって感じです。
「英国R&BバンドがNext Stageへ移った瞬間を捉えた大傑作!」

Sympathy For The Devil


No Expectations




Comments 6

k-hiko

コメント&TBありがとうございました。

CDではオリジナルジャケですが、LPはこっちでしょうね。ちょうど、音楽を聴き始めた頃に、このアルバムのジャケの話題が盛り上がってた?ような気がします。

2005-07-10 (Sun) 15:24 | EDIT | REPLY |   

ezee

ありがとうございます。ヤッパこの高級感溢れるこのジャケですね。ちなみに自分の家にあったのは兄貴のカラーレコードでオートプレイヤ誤作動しまくりでした!あ~懐かし!

2005-07-11 (Mon) 01:02 | EDIT | REPLY |   

sacd_review

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせてもらいました。

ジミー・ミラーがプロデュースした時期のストーンズは大好きです。(もちろん他の時期も良いですが)

オリジナルジャケは今のジャケットと全然印象違いますね。

2005-08-09 (Tue) 21:05 | EDIT | REPLY |   

JERK666

TBありがとうございます、こちらからもTBさせていただきました、こちらのBLOGにlink貼らせて頂いても宜しいですか?

2005-08-11 (Thu) 03:14 | EDIT | REPLY |   

ezee

TBおおきに!

TB、Link無断で全然OKです。ご丁寧にありがとうございます!Emotional Rescueは全米1位にもなったそうな。こんなモンがと驚愕する事なかれ。米国の懐の深さに感心です!

2005-08-12 (Fri) 01:13 | EDIT | REPLY |   

Yass

TBどーもです。
はじめまして!!
私もこのアルバム大好きです。!!
それにしてもここの背景はいいですな(笑)

2005-08-16 (Tue) 00:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ローリング・ストーンズ「ベガーズ・バンケット」
  • Beggars BanquetROLLING STONESAmazonで詳しく見る種別:CD/SACDハイブリッドおすすめ度:★★★★★レビュー:ローリング・ストーンズが'68年に発表したアルバム。音質は、このシリーズの他の作品と同じく良い。音のヌケ
  • 2005.08.09 (Tue) 20:59 | THE SACD REVIEW
この記事へのトラックバック
  •  The Rolling Stones:Emotional Rescue
  • まさかこれくるとは思はなかったっしょ?Emotional Rescue です、もちろん俺だってBeggars BanquetやEXILE ON MAIN STのほうがベターだってことぐらい分かってるよ、でも好きなんだよ・・駄作なんて言われるし、同じような曲が多いし(Summer RomanceとWhere the Boys Goとか
  • 2005.08.11 (Thu) 03:14 | Black Moon Creeping
この記事へのトラックバック
  •  ベガーズ・バンケット [Limited Edition] [SHM-CD]
  • JUGEMテーマ:ROCK ベガーズ・バンケット [Limited Edition] [SHM-CD] 本当は入手したての先月カキコしようと思ってたんですが、遅くなりました。 というかちょっと時間がないので一言で凄いしろもんです。 びっくりです。衝撃です。凄すぎます。今まで何十年...
  • 2008.10.11 (Sat) 23:34 | 999\'s Web Site
この記事へのトラックバック
  •  ザ・ローリングストーンズ『Beggars Banquet』(2回目)
  • The Rolling Stonesのアルバム『Beggars Banquet(ベガーズ・バンケット)』。1968年発表。 音楽に限らず何でもそうだと思いますが、いくら名作・名盤といわれている作品でも、その時の気分にフィットしないと100%良さを理解するのは難しいですよね。ロックも全く例外で...
  • 2009.08.11 (Tue) 08:13 | ROCK野郎のロックなブログ