FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.07
06
Category : Man's World
Theme : お気に入り&好きな音楽
Genre : 音楽
51ZQ10vEMfL.jpg


 
 なにやら怪しい大阪の街中でのオッサンの叩き売り商売の光景のSEから始まる歴史的傑作。今もウルフルズ等が大阪弁を売りにした曲を出したりしてますが、何やら違和感を感じずにはいられません。ここではラグタイムやブルースを土台にした自然でリアルな大阪弁ミュージックを2人が完成の域にまで持っていっております。またどの歌にも大阪(関西)の庶民的ストーリーがしっかりあり路地や長屋、商店街の光景がリアルに浮かび上がります。最近あるTV番組で久々に道頓堀を歩いたキー坊こと上田正樹が「全然、昔と違う。ええとこが何にも残ってへん」と嘆いていたのは非常に残念ですが、これも時代の流れでしょうか。ただ今でも偶に有山氏とキー坊が、たまにイベントとかに出てここからの曲をやってますがマジで拍手大喝采で大受けしており、未だに支持が厚いのを目の当たりに感じます。
 中身の演奏は当時のキー坊のホーム・グラウンドといえるサウス・トゥ・サウスが担当。まさに阿吽の呼吸といえる演奏で渋さがキラリと光ります。「あこがれの北新地」、「Come On おばはん」、「とったらあかん」、「俺の借金全部でなんぼや」、「買い物にでもいきまへんか」等タイトルからして劇的に素晴らしい傑作が並び、今ではあまり見られないベタベタのキー坊が堪能できます。ゲストVoの金子マリも絶妙の相方を演じる「みんなの願いはただひとつ」も庶民バリバリの歌詞がたまりません。なかでも有山氏がほのぼの歌う「梅田からナンバまで」は関西音楽史上1、2を争う大名曲! 発売から30年以上経過してますが、いまだにコレの代替となる大阪弁ブルース&ソウルは登場していません。やっぱこのコンビは何げに凄い化学反応を引き起こしてます。しっかり幅広く活躍中のキー坊に、天然記念物指定が待たれる有山氏とのコンビ芸はまさに昭和の至宝ですわ。
「まぁいっぺん、聴きなはれ。ほんまよろしおまっせ」

梅田からナンバまで


買い物にでもいきまへんか


Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上田正樹と有山淳司『ぼちぼちいこか』

前回このブログに書いた憂歌団と共に、70年代の関西ブルース・シーンを駆け抜けたサウス・トゥ・サウス。今日は彼らの話を。1973年結成。メンバーは上田正樹(Vo)、有山淳司(Vo&G)、 堤和美(G&Vo) 、藤井裕(b)、正木五郎(ds)、 中西康晴(key)。ソウル・ミ...

上田正樹と有山淳司 - ぼちぼちいこか

 きっかけは何だったか全く覚えていないのだが、聴いた途端にハマり込みまくった日本の誇るユニットによる何とも気の抜ける最高の一枚が上田正樹と有山淳司による「ぼちぼちいこか」だ。アルバムリリースは1975年、当時サ

Comment

非公開コメント

TBありがとうございます

はじめまして。
TB&リンクありがとうございます。

さすがに「梅田からナンバまで」は歩いたことはありません。「心斎橋からナンバまで」が
限界でした。(笑)
こちらもリンクしておきますので
よろしくお願いします。

どう考えても無理

笑いました。確かに心斎橋からしか私も歩いた事ございません!でもコノ曲を聴いてるとサクッと歩けそうな気がするから不思議です!?

はじめまして

はじめまして。
・・・そうなんですか?
なんべんでも歩いたことありますよ。難波梅田間・・・。いまでも歩きますし~

こんばんは。

遅ればせながら、TB、コメントありがとうございます!
ezeeさんもサウスのライブに行ってたんですね。
もしかして同じ日に見てたのかな?
なんだか不思議な気分ですね。

あの阪神大震災前のエエ感じだったチキンでの熱気溢れるライブは忘れられません。今でもタマ~に友達が録ったテープを聴いちゃいますね! まさに観客と一体になったライブでしたね~。

あ~、嬉しいですね~、こういうので共感頂けるのは(笑)。トラバありがとうございます。ホントに自然で普段の生活に密着した歌詞なのにほのぼのと人生なんとかなるさ、って感じにさせてくれる作品でほんとよく聴きます。いいですねぇ…。

★フレさん
 な~んか隣の町内会のイベントでやってそうな
 感じがたまりませんな!
 このアルバムは我々関西人の誇りですわ