Summer Days (And Summer Nights!!) / The Beach Boys * 1965 Capitol

Golden Pops
300x300.jpg

  あまりにくそ暑い日々が続きますが、先般海に繰り出したら道中カーステからFMでビーチボーイズの特集が。単なる季節モンでは済ませられない偉大なグループですが、夏にこの素晴らしい歌声は“凉”をもたらしてくれます。日本のTUBEなんかも夏バンドとして有名ですが逆に暑苦しい曲ばかりで辟易しますが、こちらは気分高揚、納涼感満載、新陳代謝加速といいことづくめです。10代後半の頃ヒットした名曲Kokomoで一気にファンになりましたが、やはり60年代中盤くらいまでの単純明快な名曲群は今もってギラギラに輝いてます。毎日遊びほうけていた学生時代、須磨海岸に行くカーステカセットのレギュラーでもありました。
 このアルバムは収録の「Help Me, Rhonda」が好きでたまらず初めて買ったオリジナルアルバムですが、当時実家に帰ったら兄貴が既に買っていてずっと家に2枚もあった思い出深きアルバム。バンドの頭脳でもあった天才コンポーザーBrian Wilsonが病みだしてきた頃に出たモノですが、音は絶好調でハーモニーも非の打ち所無しとなってます。先に書いた「Help~」は私が聴きなれたモノとは別のシングル・ヴァージョンとなっていて清涼感あるイントロが変わっていて少し残念でしたが曲の激グレイトさは変わりなくAl JardineのぶっきらぼうなVoやコーラスも最高なサビなど言う事無しです。そしてイントロが鳴っただけで興奮する歌詞も最高な「California Girls」はMike LoveのチンピラVo真骨頂といえる大ヒット曲で素晴らしいハーモニーをサラリと聴かせもう“粋”を完全通り越してます。続く「Let Him Run Wild」もBrian Wilson殿下の宝刀ファルセットも冴えまくりフィル・スペクターっぽい音も絶妙の出来。他にも前半の初期のホットロッドサウンドを彷彿させる明るいサウンドが何ともいえん「The Girl From New York City」や、これまた歯切れ良いAl Jardineが素晴らしいこれぞアメリカンサウンズといえる胸きゅんのスペクターカヴァー「Then I Kissed Her」とBrian以外も見せ場バッチリです。
「海パンのMike Loveに、涼しいカッコせえ!と、つっこみたい長袖Brian Wisonのジャケもエエ感じでっせ」
  
California Girls


Then I Kissed Her


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Ballads / The Beach Boys * 1991 Capitol | Home | FRONT presents diggin' from the vaults Muro's Summer Vibes * 1997 Victor

コメント

ラッシュアワー

ジャッキー・チェンが映画『ラッシュアワー』の劇中で愛聴しているのもBeach Boysだったのを思い出しました。カラっとした夏の日には、いいですよねー
TUBEが暑苦しいっていうのには同感ですw

2006/08/18 (Fri) 11:43 | 1-SHOW #1XLCEuoo | URL | 編集

ラッシュアワーは昔見たんすけどね~
鳴ってました?
ぼーっと見てて覚えてません!
しかしTUBEの前田は飯島直子と結婚してから
離婚したけど悔しさ半分で
個人的にもムカつきます!?

2006/08/19 (Sat) 01:53 | ezee #- | URL | 編集
TB有難うございます

TB有難うございます。
粒揃いの名盤ですよね。私は実は「And Your Dream Comes True」が大好きなんです。見事なアカペラ、「キラキラ星」をベースとしたほろ苦いメロディ。夏の終わりに聞くと切なくなります。

2006/08/19 (Sat) 07:18 | 240 #9L.cY0cg | URL | 編集

どーもっす。
And Your Dream Comes True!
あの1分ちょっとのアカペラで終わるって
格好良すぎますね。
まさに夏の終わりを感じる切なさです。
また、よろしゅうです!

2006/08/20 (Sun) 01:07 | ezee #- | URL | 編集
こんにちは

ezeeさん、 トラックバックありがとうございます。

いや~、夏らしい素的なテンプレですね。目の保養に…。レビューも素晴らしいです。私には書けません。TUBEが暑苦しいというのは私も全く同感です!

2006/08/28 (Mon) 13:09 | とらじろう #- | URL | 編集
確かに

爽やかなイントロ、、、このアルバム収録バージョンでは聴けないのは残念ですね
私もアル・ジャーディンのヴォーカル、好きです
(過去のやりとりやインタビューとか読むと、とても好きになれませんが、、)

2012/08/26 (Sun) 21:54 | col #dQJ7mEzU | URL | 編集
No title

★colさん
 ご無沙汰です!
 最初に聴いてしまったのが、Todayのヴァージョンやったからでしょうけど、キリンレモンみたいな爽やかイントロ・ヴァージョンが良いですな~
しかしアル・ジャーディンの発言、気になりますな。気のいいオッサンにしか見えないので・・

2012/08/26 (Sun) 22:53 | ezee イージー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

サーフィンミュージックから「ペットサウンズ」へ繋がる名盤夏も終わりに近づきつつある今日この頃。こうした季節に聞きたくなるのがAORの名盤、フィニス・ヘンダーソンの唯一のソロと本作。本作では?「ヘルプ・ミー・ロンダ」、?「カリフォルニア・ガールズ」という強力

2006.08.19 (Sat) 07:10 | 音楽の杜
このページのトップへ