FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

FRONT presents diggin' from the vaults Muro's Summer Vibes * 1997 Victor

front.jpg

 Hip Hopが完全市民権を得たココ10数年、斬新な音を求め掘り尽くされてきた過去の音源ですが、ネタがどうこう言うのはあんまり関心がございませんで、それよりそれらのムーブメントによって「昔のんでこんなエエのんありまっせ」と再提示してくれるのはありがたいもんです。自分で探そうと思ったらそらぁえげつない労力と時間と金がかかります。ココに紹介するMuro氏のコンパイルした編集盤もまさにディグダグの中の宝で私のような横着者にはピッタリのブツです。
 さて内容はSummer Vibesというだけあって涼しげGrooveで埋め尽くされてます。ゆったりとしたビートに歌はファルセットやスムーズ系、ギターはクリーントーンてな感じですが、そこは'70年代後半のSolarやFantasy,Prestige系音源ってことでドス黒いです。イントロのホーンからファルセットVoが気分高揚のPleasure「Happiness」、ゆったりグルーヴがたまらんFunk,Inc.「Where Are We Going」、ストリングスが効いたミディアムにソウルフルな歌が最高なThe 3 Pieces「If Only I Could Prove To You」、トランペットが心地良い夕暮れグルーヴThe Blackbyrds 「Dreaming About You」あたり文句無しですな。またSolar系でもこの時代の旗手レーベルらしく洗練された音で腰を揺らせてくれます。Midnight Star「Follow The Path」、Shalamar「Sweeter As The Days Go By」、The Whispers「Cruisin In」など上質な歌・演奏で楽しめ最高です。
「気温35度越したら、なんかコレ効きまっせ」

Comments 0

Leave a reply