Saturday Night / Zhane * 1997 Motown

90's Female R&B
006.jpg

 なんやかんや言いつつ'90年代後半のR&Bで一番聴いたのはコレ。アーティストと呼ぶに相応しい技術・センスを兼ね備えたこのお二人さんはテクニック至上主義にも走らず、Hipな感覚も兼ね備えた中でオールドスクールソウルやJAZZのテイストを巧にブレンドしR&Bの土俵で激グレイトな録音を残してくれてます。力強くもしなやかな二人の声、KayGeeを始めとするHipHop系トラックメイカーとの絶妙コラボ、単純な3度ヴォイシングのハモリにとどまらない多彩でお洒落なハーモニーなど全てがCoolで一際輝いてました。素晴らしかったデビューアルバムを更に進化させたこの2ndは発売当時、その内容に狂気乱舞して喜びました。こういう才能のある人等の次なるアルバムが出ないってのは大問題やと未だに思ってます。
 てな事で内容は前作で確立したCool Grooveをしっかり前半で踏襲しており合格印を押す朱肉が無くなるくらいエエ曲で埋め尽くされてます。もうお家芸といえるKayGeeとのコンビネーションでの「Request Line」、「So Badd」、「Crusu」、「Last Dance」、そしてシック・カヴァー「Good Times」なんかは安定感抜群の心地良さ。また他もタイトル曲「Saturday Night」や個人的に1等賞と確信するエディ・Fが手掛けた「Just Like That」等ナイス・グルーヴに満ち溢れており最高の展開です。中盤からは驚きのビリー・ジョエル「For The Longest Time」のマイナーKeyでのアダルトなカヴァーに始まり、Jazzy&Mellowな曲が連なります。中でも「Kindness For Granded」、「Color」あたりは出色の出来で最高のヴォーカルワークが楽しめます。そして最後にはボートラでイージー・モー・ビーとの激グレイトなアップ「Let's Play」が待ち構えます。まぁほんまに曲良し、トラック良し、声良しっていう稀に見るアルバムです。
「何でもエエし次作を切望! 忠犬ハチ公の気持で待ってます。」
Request Line


Crush


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Simone Hines / Simone Hines * 1997 Epic | Home | 3's A Charm / S.H.E. * 1997 Interscope

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ