FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

3's A Charm / S.H.E. * 1997 Interscope

she.jpg

我が国でもキャンディーズ~風間三姉妹~ハロプロユニットと絶えることなく登場し需要の奥深さを感じるキャピキャピ女性グループ。海外でも状況は一緒ですが、バリバリの歌まで聴かせるっちゅうからたまりません。このSoul,Heart,Energyの頭文字をとって命名されたグループは10年程前の夏頃登場しあっちゅう間に消えていった潔い三姉妹です。彼女等のお母さんもセッション・シンガーとして鳴らした人らしく、実際彼女達もデビュー前から芸能人としてドラマやケンタッキーやらマクドのCMにも出演してたショービズ一家みたいです。そんな中NBAのスーパースター、シャキール・オニールの後押しで万全の体制での登場でしたが商業的にしょぼかったのでコレ1枚のみでおしまいです。厳しいモンですなぁ米芸能界は。
 しかしアルバムはアン・ヴォーグ少女版って感じでなかなか秀逸です。ハーモニーも実の姉妹ならではの美しさでインタールードでのアカペラもなかなかのモンです。音の方もジェイドやヴァネッサ・ウィリアムスで腕を上げた女性プロデューサー、アントニナがビシャっと仕切っていて統一感をもって聴かせてくれます。アン・ヴォーグっぽいナイスなミディアムアップ「In The Middle」、シックやレイ・パーカーJrっぽいギターと前のめりのビートが実に気持ちよい「I Wouldn't Take Her Back」、これまたクールなファンクテイストが最高な「My Secret Is」、ロード・タリークのRapも力強いHip Hopテイスト溢れる「Player」、淡々としたビートに情熱的な歌&ハーモニーが素晴らしい「Good Thing Going」とミディアム~アップで曲の良さも手伝って素晴らしい展開を見せます。
「今や皆立派な大人の女性の筈。もう一度セクシー路線で売り出すのはいかが?」
S.H.E. My Secret Is


Comments 0

Leave a reply