10ナンバーズ・からっと / サザンオールスターズ * 1979 Victor

J's Mainstream
sas amazon



 実は私が生まれて初めて買ったLPがコレ。当時、小学生であった私はコノ辺りから音楽がカッコイイと考えるようになったと記憶しています。ザ・ベストテン等のTV番組での狂気のパフォーマンスが小学校でも注目ネタでしたし、スーパーマンの格好で焼きそばUFOのCM(本作の「アブダ・カ・ダブラ」はそのCM曲)にも出てたりして、コミカルな桑田のパフォーマンスもガキのハートを惹くにはもってこいでした。ドリフの番組にも出てたし。今、考えると早口でまくし立てる英語が日本語か判らんヴォーカルスタイルもオリジナルなもので、今迄のロックと一線を画した斬新性もあったと感じます。
 さてこの2ndは、いきなりブレイクしたデビューシングル“勝手にシンドバット”のイメージを踏襲しつつ、音楽性も高めたと評価も上がった大ヒット「いとしのエリー」を含む意欲作。自分の中では今でもこのアルバムがサザンの中では一番です。(桑田自身はもう一つ気に入ってないようですが・・) リトルフィート等の南部アメリカの臭いもプンプンのいなたさが最高で、当時オールナイトニッポンDJもやってた桑田のDJ賛歌で本アルバム冒頭を飾る「お願いDJ」、アーシーな雰囲気が抜群の「奥歯を食いしばれ」、意味不明でヤバそうな歌詞も最高の「ブルースへようこそ」等、聴き所満載です。しかも、当時のイメージどおりのイケイケシングル曲「気分しだいで責めないで」や、アップテンポの大傑作「思い過ごしも恋のうち」もしっかり収録です。言ってることが分からんなど批判してたのは頭の固い大人たちでした。アホちゃうかと思ってましたが、見事に国民的ロックバンドに成長。お見事です。
「チャラけた感じも、まじバラードもいけるって事を証明した1枚。今も新鮮に輝いてます!」

テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

ぼちぼちいこか / 上田正樹と有山じゅんじ * 1975 徳間音工 | Home | So Many Ways / The Braxtons * 1996 Atrantic

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

単調な在宅業務をこなしつつ今日はサザンを聴きまくってます♪私が初めて買ったサザンのアルバムがコレ。たしかお店の人に「いとしのエリーの入ってるLPください」とお願いした覚えが…。1曲目のお願いDJに入ってるあのウルフマン・ジャックの声がいいですね。ってことでア

2005.08.18 (Thu) 06:53 | ひまさえあれば
このページのトップへ