FRENZY / The Gospellers * 2002 ki/oon sony

J's Mainstream
jijijij.jpg

  心地良いハーモニーで今や国民的支持を得るゴスペラーズ。昔「いいとも」なんかにもしょっちゅう出てて半分色モンの人等と思ってましたが、アカペラブームと共に一気に一流グループの仲間入りを果たしたのがこの頃やと思います。何か優等生な雰囲気で美しいアカペラを奏でるイメージもあったんですがエエ意味で毒気・貫禄オーラが出てきたココいらから気になる存在となりました。
 そのきっかけとなったのは今でも彼等の私的No.1ソングであり続ける「告白」でありJapanese R&Bの新たな金字塔的名作であると確信しています。アーバンテイストなCoolなアレンジに乗っかった黒沢氏と村上氏のヴォーカル・ワークが劇的に素晴らしい逸品で、絶叫を含む最終ヴァースの展開など鳥肌を避けられません。そして明石家さんまさえもがギャグで流用するくらいの大メジャーとなったアカペラ・バラード「ひとり」は日本国民の耳を釘付けにした大名曲で、村上氏のソウルフルな歌いまわしやファルセットはビカビカに黒光りしています。以前TVで、郷ひろみ・森山良子withゴスペラーズでこの曲を披露してましたがこの曲が奇跡のメロディをもった名曲であることが再確認できる素晴らしさでした。他の曲も総じて高レベルで、中でもライムスターとのコラポとなったスリル満点の「ポーカーフェイス」、激美メロがたまらん「残照」、米R&Bの旬プロデューサー起用となったTeddy Bishopとの「Body Calling」、Bryan Michael Coxとの「Dawn ~夜明け~」などは以前からすると明確に黒っぽさを打ち出した傑作です。
「アカペラ・スタンダードといえば親父らはダークダックス。我々はゴスペラーズですな」

告白


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Harmonizinglly Yours / Various Artists * 2001 Victor | Home | Best Of RG / ラッパ我リヤ * 2004 Victor

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ