Singles / Dragon Ash * 1999~2000 Victor

Japanese Hip Hop
pow_old_jac_013.jpg grateful.jpg
B00004TCZ2_01_MZZZZZZZ.jpg sugar_garden.jpg

The Best of Dragon Ash with Changes Vol. 2 - Dragon Ash

  最近、あまりに幅広い音楽性に正直ついていけなくなったKJ率いるドラゴンアッシュ。ラウド・グランジ系と思いきや、ドラムンベース、トランスみたいのにトライしたりで何でもアリってな感じですが、個人的好みでいうと最もHip Hopに接近していたコノ時期のシングルは格好エエ曲が連なってます。パクリだとか未熟だとか言われてましたがそれは売れすぎた時の勲章みたいなもんで、オレンジレンジなんかとはレベルが違う次元で単純に素晴らしいトラックを構築しています。
 そんなドラゴンアッシュですがアルバムはとっ散らかした印象なので秀逸なREMIXも入ったマキシシングルです。まずDJ.BOTSをメンバーに加え4人組になった記念すべきブレイクシングル「Let Yourself Go,Let Myself Go」はBotsのターンテーブルも効果的に絡めたHip Hop感溢れるグレイトナンバー。KJのリリックもポジティブ且つ素直なもので、全編鳴り続けるサンプリングフレーズと哀愁あるコード進行が絶妙です。そして売れに売れた「Greateful Days」もHip Hop界の重鎮ZEEBRAや歌姫ACOも参加の泣きの傑作で、まだガナりだす前のKJのRAPも冴えてます。特にZEEBRAの素晴らしいリリックは印象的でダウンタウンのパロディや、カラオケでも替えラップが流行ったりもするほどのブレイクぶりでした。そして更に進化した作品を突きつけてきたのが、なんとラッパ我リヤとのコラポを実現させた激Coolナンバー「Deep Impact」。定番Average White BandのSchool Boy Crushネタでこのネタ使用曲は大概好きであったりしますが、Heavyなギターも乗っけた上にQと山田マンの主役食いまくりのラップが痛快でマジ最高です。同時期に出たSugar SoulGarden」もDragon Ash的名作でゲスト参加のKJがバシバシのラップをきめてます。このHip Hop3部作の後は、盟友であったはずのZEEBRAにディスられたり、バンドも違った方向に向かい出し興味が薄れていきました。
「この路線で突っ走ったドラゴン・アッシュも見たかったもんですな」
Let Yourself Go,Let Myself Go


garden - sugar soul


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Back To Basic / Rats & Star * 1996 Epic Sony | Home | News Beat / The Mods * 1981 Epic Sony

コメント

ウチへのコメントありがとうございました。

確かにこの時期のDAはある意味過渡期でしたね。
その後のアルバムも聴いていますが
その都度色が変化に富んでいて、言い方を変えれば一貫性がないのかもしれませんが
別の言い方をすれば何面あるかわからない
可能性をもったバンドとも取れるかもしれませんね。

ZEBBRAとの間には何があったんでしょうかね。
「公開処刑」を聴いてビックリしましたね。

2006/06/11 (Sun) 11:06 | 豆太郎 #GmF2TeAA | URL | 編集

おおきに!
DAもジブラに反撃して欲しかったっすね。
確かにSummerTribeくらいから
ラップに関してはジブラの影響が
強すぎて「パクッた」と思われても
仕方ないスタイルやったっすからね~
そういう意味でも、コノ頃の変にだみ声ラップにしていないKJが魅力的です!

2006/06/12 (Mon) 02:47 | ezee #- | URL | 編集

僕もgreatful days は気に入ってたんですが、summer tribe を聞いたら、パクッテるなと思いました。
公開処刑で公開処刑されるのも当然って感じですよね。。。。

2006/07/07 (Fri) 16:14 | 宙(カナタ) #- | URL | 編集

宙さん おおきに
サンプリング自体は文化っいうか
ひとつのスタイルなんでまだいいんですが
モノマネはまた違うんですな~
しかし公開処刑はU.S.のHip Hopさながら
って感じでスリルありました。

2006/07/08 (Sat) 02:25 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ