音系戯言

ARTICLE PAGE

The First Lady / Faith Evans * 2005 Capitol

ffffffffaith.jpg

 Hip Hop Soul の代表格みたいな感じで君臨していたFaith嬢が、4枚目にして無茶苦茶ソウルなアルバムを投入です。ジャケも色気たっぷりでエエ女満開です。もともと声自体が、泣き声っていうか、ハート直撃系のソウルフル・ヴォイスなので本作のアプローチは大歓迎でございます。大物の風格さえ漂わせ始めたFaith嬢の勝負作といって差し支えなさそうです。
 さて本作の中身はアタマこそNeptunes(Pharrell Williams & Pusha T参加)絡みのHip Hopの臭いを放つ「Goin' Out」では今時の佇まいですが、何といっても多くの曲を手掛けたIvan & Carvinの仕事がオールドソウルの良さをしっかりブレンドしていて秀逸です。(←ジル・スコットやミュージックも手掛けてます) Whatnauts使いの哀愁味を帯びたトラックも良い「Again」はもう手放し大絶賛したい秀作で、本作のハイライトと言っていいホームラン。エレピ音もエエ感じにハマる「Until You Came」、70年代風グルーブが心地良い「Lucky Day」、泣かせるコード展開にTwistaの高速ラップが絶妙なマッチングを見せる大傑作「Hope」等、Faithの堂々たるソウルフルな唄いっぷりに最高の相性を見せてくれます。他にも、クールなグルーヴで疾走する「I Don't Need It」や、ループ的なトラックの中でソウル魂を爆裂させる「Mesmerized」、Mario Winansをフィーチャーした「Everwonder」など極めて品質の高いトラックがひしめきあいます。最近はちょっと過大評価気味のMary J.なんかより、よっぽど聴かせます。他も、懐かしいオールド・ソウルの雰囲気漂う「Jealous」や、90年代の流れを汲む「Get Over You」など、フェイスの声を前面に押し出したヴォーカルの録り方もグレイト極まりないです。
「現代レディ・ソウルの代表選手とまで言ってしまいたい傑作。ほんまエエ女です。」
Again



Comments 4

frank

ミュージックバトン

突然すみません。ミュージックバトンを受け取ってしまったので…すみません、お願いできますでしょうかm(__)m

2005-07-02 (Sat) 16:35 | EDIT | REPLY |   

ezee

Mばとん

ミュージックバトン・・・
いまいち、理解していないので、そっとしておきますぅ。

2005-07-04 (Mon) 01:18 | EDIT | REPLY |   

berry

TBありがとうございます。私からもTBさせて下さいね。

ミュージックバトンって、結構、思い出される事もあったりしておもしろかったですよ~♪

2005-11-08 (Tue) 21:47 | EDIT | REPLY |   

ezee

どうも、おおきに!

ミュージックバトンって最近無いですよね~
なんか分からんまま終わっちゃいました!
次は波に乗るぞって感じですぅ。
TBありがとうございました。またヨロシクっす!

2005-11-09 (Wed) 01:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  だって、関西人。
  • 今日は、楽しみにしてる、年に1度の「吉本運動会」放送の日です。今見ながら書いています。吉本の若手が大好きで、特にお気に入りは、ブラックマヨネーズと、サバンナかな?サバンナは、特に、マニアックな笑いがたまりません。高橋くんと、八木くんのキャラクターがおもし
  • 2005.11.08 (Tue) 21:43 | Sweet Box