FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

STARTING OVER / エレファントカシマシ * 2008 Universal

starting over



 味気ない音楽番組が多くなった昨今、愛のあるアーティストの深堀りで楽しませてくれるのが“関ジャム”。結構、テレビに出てこないアーティストやアレンジャーなんかも登場して、玄人筋からも好感度が高い番組なんだと伺えます。関ジャニのメンバー自身がミュージシャンで音楽好きなので、コチラ側も楽しく共感して観れます。そんな中でゲストで登場したのがアノ宮本浩次。この人の何が凄いのかを分かりやすくスポットを当てた素晴らしい内容でした。いつものピュアすぎて変人にも映る仕草でしたが、出演者の宮本賛辞に照れながらも誠実に答えていたのが良かったです。その中でも椎名林檎が的確に指摘したのが「宮本浩次という銘ヴィンテージ楽器(声)を、いかに伝えるていくかが、日本の音楽界の重要課題」とまで言い切った点。もう、影響を受けた公言する清志郎と双璧くらい、最上級のパフォーマンスに日本国民はなんども震えさせてもらってます。レコード会社が契約が変わった時には、危機感からくる逆境から良い曲が生まれると言っていたのが興味深かったですが、確かにチャートアクション的には起死回生ともいえる大ヒットを移籍直後には放ってます。劇的に素晴らしかったけれどたいして売れなかった、この前となるEMIでの最終作でしたが、万人にウケてバンドがさらに飛躍した存在となったのがこの本作からの曲でした。
 それがあの人生を応援してくれる「俺たちの明日」。旧友と久々にお酒を呑みたなるイイ曲で、本作のアイコン的ヒットですが、全編充実の内容で聴き応えあります。珍しくホーンも導入したメジャー感満載の「今はここが真ん中さ!」でスタートで、さらに素晴らしいのがストリングス・アレンジがハマった次曲「笑顔の未来へ」。プロデューサー蔦谷好位置との付き合いも始まり、次作の激傑作“新しい季節へキミと”へ繋がる路線です。そして虚無感が凄い「こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい」なんかはミヤジの真骨頂とも思えます。「リッスントゥザミュージック」も弦アレンジが奏功した佳曲。中盤の、スライダーズのようなスタイルもカッコいい「まぬけなJohnny」、これまた良曲「さよならパーティー」とここらも聴き逃し厳禁。終盤はタイトル・ソング「starting over」、荒井由実カヴァー「翳りゆく部屋」ときて、狂気じみた魅力もあった初期エレカシを彷彿させるデッかい曲「FLYER」で〆。
「しっかり万人受けする曲も作りながら、コアなファンも納得させたヒット作!」

俺たちの明日



FLYER


笑顔の未来へ


Comments 3

片山ニク

エレカシは正調の日本語ロックで
頼もしい限りですわ
ライブ未見ですがいつか行ってみたいです。

ところでYouTubeデビューしました
ブログの方はなぜかログイン出来ない状態なので
こちらで又発表していきたいと思います〜
https://www.youtube.com/watch?v=JRk_qNnU0eY&app=desktop&fbclid=IwAR3Y-PwF5f6wOv0PPP68kdCDi3IVyFnJr5KS-xiLkSDx6r6DKQ2vujfdVLw

2020-09-23 (Wed) 09:56 | EDIT | REPLY |   

片山ニク

こちらというのは
このYouTubeチャンネルで
今後アップしていきますという事ですので

2020-09-24 (Thu) 23:50 | EDIT | REPLY |   

ezee

片山ニクさん
You Tube了解しました。またのぞいて見ますね!
エレカシみやじ人形も宜しくです!

2020-09-25 (Fri) 00:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply