FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Panther / The Original Motion Picture Soundtrack * 1995 Mercury

panther.jpg

 米中西部ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件で激しさを増している抗議デモ。アフリカ系アメリカ人に対し武装蜂起を呼びかけたブラックパンサー党の流れを汲んだ動きも起こりつつあり人種問題の根深さが再びクローズアップされてます。日本にいると実感として捉えにくいですが、多民族の要素が強いアメリカでは長年続く深刻な社会問題。60年代に急進的な組織として活動したブラックパンサーをテーマにマリオ・ヴァン・ピーブルズが四半世紀前の95年に映画を制作。当時のアフロ・アメリカンが集結したサウンドトラック盤も実に素晴らしいものでした。
 まず目玉となったのが3つのオールスター参加でのトラック。R&B編となる「Freedom (Theme From Panther) (The Black Bag Mix)」ではEn Vogueを筆頭に総勢48組参加でMary J. BligeAaliyahN'Dea DavenportSWVZhané、Jade、Brenda Russell、Karyn White、Penny Ford、Brownstone、Lalah Hathaway、Monica、Pebbles、Vanessa Williams等が、そのHip Hop編「(Dallas' Dirty Dozen Mix)」ではTLC、MC Lyte、Me'Shell NdegéOcello、Queen Latifah,、Salt 'N' Pepa等、ともに錚々たる女性アーティストがフィーチャー。また男性陣でのポッセカット「The Points」ではThe Notorious B.I.G.、Bone Thugs-N-Harmony、Busta Rhymes、Coolio他が参加でこちらも聴き応えあり。そして更に本作の価値を上げたのが70年前後の絶品ソウル・カヴァーの数々で、ソウル・ファンのハートを鷲掴みです。中でもFemaleなる女性グループによるアレサA Natural Woman」は歴代カヴァーでも最高峰の部類。そのFemaleと共にShaniceが取り上げたグラディス・ナイト傑作「If I Were Your Woman」も甲乙つけ難い名品。Joeによる「Express Yourself」、Tony! Toni! Tone!での「Stand!」、Usher & Monicaによるラティモア「Let's Straighten It Out」、Da Lench Mobのウォー「The World Is A Ghetto」、Brian McKnight、Boys Choir Of Harlem & Slashでの国歌「The Star-Spangled Banner」と興奮の連続です。他の新曲も、Blackstreetのヴォコーダー使用も耳を惹く崇高スロウ「We'll Meet Again」、ブレインストームBelita WoodsGeorge ClintonでのFunkadelic名義「Black People」、Bobby Brownキング・フロイド使いファンク「Slick Partner」、Aaron Hallの壮大なバラード「Stand (You Got To)」など力作多数。Black Sheepを迎えたゴスペル集団Sounds Of Blacknessでの「We Shall Not Be Moved」や、ジェイムス・エムトゥーメイ制作のThe Last Poetsの「Don't Give Me No Broccoli And Tell Me It's Green's」も躍動感溢れる熱いトラックでした。
「熱い思いが結集したアフロ・アメリカンによる音の塊。再び注目です!」

Female - Natural Woman



Shanice & Female - If I Were Your Woman


Joe - Express Yourself






Comments 0

Leave a reply