FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Soul Master / Edwin Starr * 1968 Motown

edwin s



毎年感じますが、速すぎる1年の経過。ミッションはいっぱい背負ったまま未消化のまま時が過ぎ、もう12月。歯痒い感ありありです。目の前のクリスマス商戦で、ガンガン稼いで呑んで勢いをつけていきたいところですが、ここ最近は名古屋深酒→終電のぞみ爆睡→新大阪経由→京都戻り帰宅というバカな動きをエエ歳こいて連発。。なんとも情けないですが、僅かなことの為に、無駄な時間をいっぱい過ごすことも大事なんです!
 てなわけで、やはり心体のリセットには骨のあるソウルです。シカゴ・ソウルやら聴いてたら、流れ着くのはモータウン。ファンタスティック・フォーと同じくリックティック組の実力派エドウィン・スター。モータウン吸収前の66年ヒット「(S.O.S.) Stop Her On Sight」あたりのカッコよさは今の時代もクールに鳴り響きます。アレンジ・マナーはモータウン王道的なもので、シャッフルビートに女声コーラス、サックス+ストリングスの手厚いサウンドに溌剌したエドウィンのストロング・ヴォイスが乗っかります。この後のノーマン・ホイット・フィールドと組んだ、代表ヒットとされる“War”あたりがイカついイメージで嫌悪感を持ってる方にはこの辺りのエドウィンがお薦め。ノーザン・サウンドでスマートにスウィングするエドウィンは素晴らしいです。ブルー・アイド・ソウルのシェイズ・オブ・ブルーに書いたヒット曲で、ジャクソン5も取り上げた曲のセルフ・カヴァー「Oh How Happy」は耳馴染みあるポップなメロディーが実に心地よし。初っ端に登場の「Agent Double O Soul」やタイトル曲「Soul Master」なんかは少し野暮ったい感じもしますが、「I Am The Man For You Baby」で見せるしなやかさはエドウィンの魅力が一層引き立ちます。スモーキーの作品でテンプスもミラクルズも演った「Way Over There」や、「My Weakness Is You」、「Headline News」、「I Want My Baby Back」など、やはりド真ん中の王道モータウン・テイストがたまらん展開。ボビー・テイラー&バンクーバーズの「I Am Your Man」はアシュフォード&シンプソン作となる屈指のバラード。しっかり終盤で泣かせます。最後はモニターズも演った「Time Is Passin' By」でキャッチーな中でも力強い歌声を軽快に聴かせます。
「さぁ師走街道、真っ只中。しっかり体調崩さずにしっかりいきましょう!」

Stop Her On Sight (S.O.S.)


'I Am Your Man'




Comments 2

新神戸山脈

う〜ん、さすが! 
三十年前と同じ事をやってるんだね。。
という私もだいぶん弱くなってきましたが。お互い飲み過ぎ注意で!

2019-12-07 (Sat) 19:49 | EDIT | REPLY |   

ezee

★新神戸山脈さん
 そうやねん、すごいやろ。最近は緊張感もすっかりなくなりこのザマ。
 しかし新幹線の微妙な振動は、ほんま気持ちエエわ!

2019-12-09 (Mon) 00:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply