FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Honk / The Rolling Stones * 2019 Universal

RY190315RS06.jpg



 GRRR!以来の新しいベスト・アルバムがリリースされたストーンズ。ミックの心臓手術後の経過も良好のようで一安心ですが、じっくりマイペースでいいから末永く活動して欲しいもんです。なんやかんや言っても、いまだに年中いろんなニュースが届くモンスターバンド。3年前のブルース新録アルバム以降はアーカイヴ系のリリースが続くなか、今回は70年代「Brown Sugar」以降の新編集ベストです。81年「Start Me Up」で始まり'12年「Doom And Gloom」や'05年「Rain Fall Down」、'16年「Just Your Fool」、'02年「Don't Stop」なんかが入り乱れる様もなかなか新鮮です。「Hate to See You Go」や「One More Shot」は、2010年代のスタジオ録音も強烈にカッコいいことを再認識です。いっそのこと、80年代以降に絞ったベストにすればよかったかも。
 どんな形にせよ、ストーンズ中毒の私のようなオッサンは楽しめちゃいますが、なんと言っても注目はボーナス・ディスクの未発表ライヴ音源。これがマジで無茶苦茶エエのです。つい最近といえる2018年UKライヴの音源が聴け「Get Off Of My Cloud」、「Let's Spend the Night Together」、「Under My Thumb」といった60sデッカ時代バンド初期の曲で収録です。2017年パリでの「She's A Rainbow」もオリジナル通りのアレンジが好感です。そして44年ぶりにセットリスト入りしたという2017年オランダでの「Dancing With Mr D」は飛び抜けたカッコ良さ。邪悪な雰囲気たっぷりに演奏され、強烈に現役バンドを感じる凄みです。本ベストの価値が一気に上がります。「Shine A Light」ではロニー・ウッドの渋いソロも冴えます。お楽しみの共演シリーズは、Ed Sheeranとの「Beast Of Burden」、Florence Welchとの「Wild Horses」、凄腕Gソロまで最高なBrad Paisleyとの「Dead Flowers」、気迫あふれるDave Grohlとの2013年「Bitch」と何れもがわざわざ公式音源化したのも納得の名演。やはりお互いに興奮するのか何かしらのマジックが生まれており、スリリングなパフォーマンスが聴けるのでココらは必聴間違いなし。お互い格負けしない、素晴らしい共演となっています。やっぱ只のベストでは終わらせん憎い付加価値です。
「またか、と思ってスルーしてはいけない激熱ベスト&ライヴ盤。聴けばわかります!」

Wild Horses (Live At London Stadium / 22.5.18) ft. Florence Welch


Dancing With Mr D


Comments 4

新神戸山脈

これは何かいいね。いい曲いっぱいでシンプルに楽しめるいいベスト盤!

2019-04-26 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   

ezee

★新神戸山脈さん
そやねん。軽視しがちの最近のも新鮮に聞けてエエ感じ! ほんでまた、ライブがエエねん。

2019-04-26 (Fri) 23:58 | EDIT | REPLY |   

片山ニク

このDancing with Mr D は
スティル ライフ辺りに入ってそうな感じで
カッコいいですね〜♫

2019-05-03 (Fri) 20:58 | EDIT | REPLY |   

ezee

★片山ニクさん
 ギターバンドをがっつり感じさせる、この感じ。
 やっぱ最高ですな〜、私も最近ヘビロで聴いてまっせ!

2019-05-04 (Sat) 00:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply