FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.04
25
Category : Rolling Stones
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
RY190315RS06.jpg



 GRRR!以来の新しいベスト・アルバムがリリースされたストーンズ。ミックの心臓手術後の経過も良好のようで一安心ですが、じっくりマイペースでいいから末永く活動して欲しいもんです。なんやかんや言っても、いまだに年中いろんなニュースが届くモンスターバンド。3年前のブルース新録アルバム以降はアーカイヴ系のリリースが続くなか、今回は70年代「Brown Sugar」以降の新編集ベストです。81年「Start Me Up」で始まり'12年「Doom And Gloom」や'05年「Rain Fall Down」、'16年「Just Your Fool」、'02年「Don't Stop」なんかが入り乱れる様もなかなか新鮮です。「Hate to See You Go」や「One More Shot」は、2010年代のスタジオ録音も強烈にカッコいいことを再認識です。いっそのこと、80年代以降に絞ったベストにすればよかったかも。
 どんな形にせよ、ストーンズ中毒の私のようなオッサンは楽しめちゃいますが、なんと言っても注目はボーナス・ディスクの未発表ライヴ音源。これがマジで無茶苦茶エエのです。つい最近といえる2018年UKライヴの音源が聴け「Get Off Of My Cloud」、「Let's Spend the Night Together」、「Under My Thumb」といった60sデッカ時代バンド初期の曲で収録です。2017年パリでの「She's A Rainbow」もオリジナル通りのアレンジが好感です。そして44年ぶりにセットリスト入りしたという2017年オランダでの「Dancing With Mr D」は飛び抜けたカッコ良さ。邪悪な雰囲気たっぷりに演奏され、強烈に現役バンドを感じる凄みです。本ベストの価値が一気に上がります。「Shine A Light」ではロニー・ウッドの渋いソロも冴えます。お楽しみの共演シリーズは、Ed Sheeranとの「Beast Of Burden」、Florence Welchとの「Wild Horses」、凄腕Gソロまで最高なBrad Paisleyとの「Dead Flowers」、気迫あふれるDave Grohlとの2013年「Bitch」と何れもがわざわざ公式音源化したのも納得の名演。やはりお互いに興奮するのか何かしらのマジックが生まれており、スリリングなパフォーマンスが聴けるのでココらは必聴間違いなし。お互い格負けしない、素晴らしい共演となっています。やっぱ只のベストでは終わらせん憎い付加価値です。
「またか、と思ってスルーしてはいけない激熱ベスト&ライヴ盤。聴けばわかります!」

Wild Horses (Live At London Stadium / 22.5.18) ft. Florence Welch


Dancing With Mr D


Comment

非公開コメント

これは何かいいね。いい曲いっぱいでシンプルに楽しめるいいベスト盤!

★新神戸山脈さん
そやねん。軽視しがちの最近のも新鮮に聞けてエエ感じ! ほんでまた、ライブがエエねん。

このDancing with Mr D は
スティル ライフ辺りに入ってそうな感じで
カッコいいですね〜♫

★片山ニクさん
 ギターバンドをがっつり感じさせる、この感じ。
 やっぱ最高ですな〜、私も最近ヘビロで聴いてまっせ!