FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.01
11
Category : Beat + R&R
Theme : アルバムレヴュー
Genre : 音楽
kool solo



 日本が誇る老舗音楽フェス、ニューイヤー・ロック・フェスティバル。近年、色んなフェスが注目ですが、おそらく日本で最も長く続いているロック・フェスが内田裕也氏が取り仕切る年越しの本フェスです。裕也さんの健康状態もあって、継続か心配でしたが今回も無事開催です。80年代頃は出演バンドも多くて、マジで紅白に対抗しうる一大イベントやと感じてました。近年、関西はTV放映も無くWeb情報のみで想像するしかないですが、今回もファミリー中心に熱い連中が集結の模様。御大内田裕也はじめ、往年のメンバーも白竜、アナーキーの仲野茂と中村獅童が組んだ高樹町ミサイルズ、頭脳警察、陣内孝則のTH eROCKERS、キノコホテル、近田春夫らも登場し盛況やったみたいで嬉しいです。そして常連シーナ&ロケッツとして鮎川誠も君臨!なんとシーナのポジションにはルーシー・ミラーも登場ということです。こちらも紅白じゃないけど、次世代の融合もしながらずっと続けて欲しいです。
 そんなことでシーナ&ザ・ロケッツの中核、鮎川誠のファースト・ソロ。実際は81年日々谷野音にてシナロケの4thアルバム発売記念ライブの鮎川ヴォーカル曲を集めた編集盤です。とにかく鮎川誠の代名詞、ブラック・レスポール・カスタムが最高のサウンドで冴えまくる秀作ライブ。鮎川さんを聴くと、いつもレスポールが弾きたくなります。LP時代、ジャケットからして“かっこええなぁ”と惚れ惚れしたアルバム。発売当時のイメージはYMO一派のポップ・ロック・バンドってイメージでしたが、この辺からYMOとは距離を置き始め、ゴリゴリのR&Rバンドへ変貌していきます。て言っても、本来の姿に戻ったって感じ。イギリス人ライターのクリス・モズデルと組んで書かれた当時の最新曲「JUKEBOXER」や、スタジオ版よりワイルドさ50%上昇の「DEAD GUITAR」、こちらも4thからの新曲だった「KRAZY KOOL KAT」などシーナ&ロケッツの鮎川ヴォーカル曲を中心に、ラフでタフなR&Rを聴かせます。ボ・ディドリーな「どぶねずみ」はサンハウス時代の曲。リアルタイムではなかったので本作で知りました。シーナもガッツり絡むのが嬉しいポップでパンクな「I LOVE YOU」でぶっ飛ばした後は、本作のハイライトというべき2曲。めんたい国歌とでも言いたい傑作「Virus Capsule」に、素晴らしい疾走感で迫る「ブーン ブーン」とサンハウス時代の名曲を連投です。この辺は猛烈にカッコいいと言うしかなく、理屈抜きにロックの真髄を教えてくれます。チャンネル・グー収録の「GOOD LUCK」は、ニューウェーブな感覚も新鮮。ラストもサンハウスの爆弾「ぶちこわせ」で〆。まさにクールです。
「まだまだ紅白に負けるなNYRF! ずっと応援してまっせ。」

ビールス・カプセル


I LOVE YOU


Comment

非公開コメント

46thニューイヤーワールドロックフェスティバル

ezeeさん、ご無沙汰しております&明けましておめでとうございます。
2年前からニューイヤーワールドロックフェスティバルに参戦して昨年末も行ってまいりました。
まさかザ・ロッカーズ、頭脳警察を目の前で観れるとは思っていなかったのでしっかりと目に焼き付けました。
そう、今回のシナロケはルーシーが参加してるのは知らなかったので嬉しいサプライズでしたねー
皆が楽しそうに演奏してたのがシナロケらしくとても印象的でした。鮎川さんの爆音プレイもカッコ良かった!
裕也さん登場した時は座っていたけど途中から立ち上がって歌っている姿に胸が熱くなり、改めて素晴らしいフェスだと感じました。
本当に長くずっと続けてもらいたですねー

そう、鮎川さんのソロアルバム「クール・ソロ」はレコードも3枚買ったくらい指折りのお気に入りアルバム。あのライブの空気感がとても気に入っています♪
ほぼezeeさんがブログで書かれているのと同じでどの曲もフェイバリットです。
このアルバムではシーナとハモる「I LOVE YOU」「DEAD GUITAR」が超好きな曲。たまりませんねー
すっかり熱くなってしまいましたが今年も何卒宜しくお願い致します。

ヨンチー


No title

★ヨンチーさん
 ご無沙汰です。ご参戦とは素晴らしい!
 当時は鮎川氏がサンハウスにいたってことさえ知りませんでしたが、本来は骨太ロックンローラーってことをこれで知りました。
NYRFもそうですが、桑田のTVクリスマスショーみたいな鮎川氏もCHARもユーミンも桑田も石橋凌も一緒に出るイベントも、また見たいですね〜