The Best Of The Doors * 2000 Elektra

Roots Rock
2doors.jpg

 実に危ない目つきがカッコいいジム・モリソン。狂気を秘めたワイルドな歌いぶりや存在感はセンス溢れるレイ・マンザレクの鍵盤と共に残されたDoorsの音と共に30年以上たった今でもビカビカに輝いてます。90年代にオリヴァー・ストーンによるドアーズの映画がヒットしたのも今なお支持されている証しであり、ジムが代替のきかない唯一無二の存在やったってことやと思います。独特の世界観での音の構築と共にあまりにも男らしいジムの歌いっぷりは今もカリスマ性を充分感じ取れる素晴らしい演奏で、このダークな感覚は他では得られません。
 これは2,000年発の新編集ベストですがデジタル・リマスターという但し書きは「何か買いたい」という欲求に十二分に機能する理由付けとなりジャケも渋いので購入です。「Riders On The Storm」から始まるっていう激シブの構成も花丸モンです。勿論「Light My Fire」、「Break On Through」、「Strange Days」、「Love Me Two Times」など初期の名曲からDoors流Love Song「Touch Me」、ジム晩年の大傑作「L.A. Woman」までバッチリ収録で、この人等でないとありえない今も燦然と輝く名演の数々です。
「我がの世界をキッチリ持ってる人は無敵であると痛感。」
 


Touch Me (TV Show)

テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Show & Tell / Al Wilson * 2004 Fuel | Home | ANARCHY LIVE 1994 / アナーキー * 1994 Chain Company

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ