FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

ANARCHY LIVE 1994 / アナーキー * 1994 Chain Company

anarchy06.jpg

'90年代に突如復活したアナーキーの再編復活ライブ。'70年後半に彗星の如く登場して日本のパンクの道標となった素晴らしいバンドです。'80年半ばギターのマリの傷害事件を契機に「The Rock Band」と名を替えやってましたが、初期の4枚くらいは危険な感じが好きでフラストレーションの溜まったティーン時代によく聴きました。小生がどうしょうも無く憧れていた裕也さんのニューイヤーロックFesに晴れて出演できた時、最も浅草の会場を熱狂の渦に巻き込んでいたのは、なんともう終わったと思っていたこの「アナーキー」でした。その時は既にThe Rock Bandと名乗ってましたがスピリットや演ってる曲はアナーキーそのものでシゲル(Vo)や藤沼伸一(G、泉谷のバックでも名演)のなんとカッコよかったこと!半狂乱の観客が今でも目に焼きついています。
 この'94年ライブは1夜限りのオリジナル・メンバー勢揃いの演奏で理由あっての復活。昔のアルバムがCD化された時、天皇批判曲「東京イズバーニング」が削除されたり、レコードの時も外されてた芸能界批判曲「タレント・ロボット」が音源さえビクターに残ってないと言われ、怒り心頭のメンバーが決着をつける為に行ったそう。もう拍手喝采です。その「東京~」でオープニングの熱いライブですが「なにが日本の象徴だ。なんにもしねえでふざけんな」の名フレーズもノイズ無しで見事収録の天晴れさ。(インディーズだから)他にも「あぶらむし」、「ロックスター」、「団地のオバサン」、「叫んでやるぜ」、「心の銃」、「缶詰」など珠玉の名曲がズラリ並ぶ圧巻の23曲。愛だ恋だは一切ありません。あるのは熱いメッセージと社会矛盾への怒りのみ。今でも「もうやってられるかっ」て気分の時聴くとグッときます。
「裕也さんが'80年代に最も衝撃を受けたのは尾崎豊とアナーキーだそう。さすがの着眼点に敬服。」

東京イズバーニング


Comments 2

大介(東京都)

東京・イズ・バーニング!

こんばんは!TB&コメントありがとうございます。
アナーキー・ボックスでも抹殺されたこの曲、なぜ過去に出ていたと言う事実を隠そうとするのでしょうかね?
このライブ盤はとても痛快で最高!
スタジオ・ヴァージョンがCD化されるまで諦めないぞ!

2006-05-10 (Wed) 00:00 | EDIT | REPLY |   

ezee

おおきに!
昔、普通に聴けてたものが
今、普通に聴けないとは悲しい事です。
最近の生ぬるい音楽を耳にすると
彼等は凄かったと改めて感じます。
シゲルの奮起に期待ですな!

2006-05-10 (Wed) 01:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  アナーキー / ライブ1994
  • 到着日  2005年12月20日購入場所 アマゾン価  格 ¥2,933備  考 自主制作盤アナーキーの1994年4月9日渋谷ON AIRでのライブ盤、アナーキーのHPではSOLD OUTとなっていたがふとアマゾンを見てみたら「24時間以内に発送」ってなっているので、まだ買えるじゃんってこ
  • 2006.05.09 (Tue) 23:55 | 無駄遣いな日々